ほんこん 安倍氏銃撃めぐる見解を〝陰謀論〟扱いされ激怒「言論の弾圧やぞ!」

ほんこん 安倍氏銃撃めぐる見解を〝陰謀論〟扱いされ激怒「言論の弾圧やぞ!」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/07
No image

抗議したほんこん(東スポWeb)

お笑いタレントのほんこんが6日、ユーチューブチャンネルを更新。この日、「FRIDAYデジタル」で報じられた自身の記事に反論した。

FRIDAYデジタルでは、先月8日に亡くなった安倍晋三元首相について、ほんこんが山上徹也容疑者による犯行かどうか懐疑的な目を向けているという記事を掲載した。

安倍元首相に当たった銃弾は2発で、うち致命傷となった1発はなぜか体内から検出されなかった。ほんこんは山上容疑者ではない第三者の犯行を含めて、自身の動画チャンネルで持論を展開している。これらをFRIDAYデジタルは「ほんこん唱える『安倍元総理の銃撃犯が別にいる説』がネットで波紋」と題して報じた。

これに当のほんこんがアンサー。「『水曜日のダウンタウン』のようなタイトルで…。ただ(銃弾が)見つかっていないのは不思議だとは思う。2発目の時、警護の人は安倍さんの前に結構いた。それなのに警護の人には銃弾当たってない。私が言っているのは陰謀論ではなく、疑問論なんですよ。ばらけて飛ぶような銃やったら、2発目の時に警護の人に当たるんやないか」と述べた。

続けて「(安倍元首相銃撃時の)いろんな角度の画像や動画が出ていない。うしろのところだけ。全部が疑問、疑問。そう思いません? これを陰謀論にされても困る。疑問論ですからね、これは。前のビルの防犯カメラの映像も出てない。全部見たんか」とまくし立てた。

その上で「これは後世に残る事件ですよ。ケネディ大統領もそうやったし。ちゃんと調べないと陰謀論出てくるんちゃうか?ということなのに、私の話が陰謀論になっている」と不満をこぼした。

と、ここまでは比較的落ち着いて話していたほんこんだったが、その後、記事に「ワイドショー関係者」なる匿名人物がコメントしていることに激怒。

「ワイドショー関係者って、誰やねん! どうせ腑抜けなヤツだと思うんですよ。(動画で)テレビで言えないような話をしてるって書いとるけど、テレビで言うてるぞ! おまえは言われへんようなつまらん番組やってるんやろな。波紋を広げてるって、疑問を広げてるだけやん」

さらに「いい加減なテレビスタッフいてますよ。名前はあえて言いませんが。言論の弾圧やぞ、このワイドショー関係者!」と声を大にして訴えていた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加