神戸国際大付が8強へ 阪上が投打で奮闘 2年前のリベンジを果たす/兵庫大会

神戸国際大付が8強へ 阪上が投打で奮闘 2年前のリベンジを果たす/兵庫大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22

第103回全国高校野球選手権大会兵庫大会(22日、神戸国際大付6-4明石商、ほっと神戸)5回戦が行われ、神戸国際大付が8強に進出。先発した阪上翔也外野手(3年)が4失点と苦しみながらも完投。打っては2点勝ち越し打を放つなど投打で奮闘した。

No image

7回、2点適時打を放つ神戸国際大付・阪上=ほっともっとフィールド神戸(撮影・宮沢宗士郎)

「好機で打ててなかったので、より集中して打席に入った」。

2-2の七回、1死満塁の好機で右前に運んだ。一塁塁上でガッツポーズを見せ、喜びを爆発させた。

4回戦に続き先発マウンドに上がり、三回までは走者を出しながらも無失点。四回、四球をきっかけに1死一、二塁から2点を許したが、後続を連続三振に斬った。八回にも2点を失い、なおも2死満塁のピンチを背負ったものの得点は許さず、粘る相手を振り切った。

明石商とは2年前の夏の苦い思い出がある。兵庫大会決勝で、1-0の九回に逆転を許した。3点を追う展開になった九回裏、2死から1年生ながら代打で起用された阪上も出塁はできず、その悔しさを2年間持ち続けてきた。

「最後の打者で3年生の夏を終わらせてしまったので、絶対に勝ちたいと思っていた」。甲子園まであと3勝。一つ一つ壁を乗り越え、春夏連続出場を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加