【MLB】頭部打球直撃から復帰 田中将大の好投を指揮官喜ぶ「力強く、重要なステップ」

【MLB】頭部打球直撃から復帰 田中将大の好投を指揮官喜ぶ「力強く、重要なステップ」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/08/02
No image

レッドソックス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】

50球の球数制限で3回途中降板「非常に良い投球だった」

■ヤンキース 5-2 Rソックス(日本時間2日・ニューヨーク)

ヤンキースの田中将大投手が1日(日本時間2日)、本拠地レッドソックス戦で今季初先発し、2回2/3を投げて4安打2失点で降板した。田中に勝敗はつかなかったものの、ヤンキースは5-2で勝利して5連勝。アーロン・ブーン監督は「彼にとって力強くもあり重要なステップとなった」と田中の復帰を喜んだ。

初回先頭のベニンテンディを低めのスプリットで空振り三振に仕留めるなど無失点で初回を終えた田中。3回に1死からベニンテンディに四球、ピラーに左前安打。得点圏に初めて走者を背負うと、ボガーツに右中間フェンス直撃の適時二塁打を浴びて2点を失った。

この日は復帰初登板ということで球数は50球前後に制限されていた。ボガーツに二塁打を浴びたところで51球となり、田中は降板となった。試合後、アーロン・ブーン監督は「非常に良い投球だったと感じた。直球にも力強さが戻っていた。彼は今夜良い直球を何度も投げていた。他の球種も上手く混ぜていた。彼にとってまたしても、力強く重要なステップとなった」と振り返った。

早くもア・リーグ東地区の首位に立つヤンキース。頭部への打球直撃というアクシデントを乗り越えて田中が復帰した。指揮官は「ローテーションの前半を投げる投手が戻ってきてくれた。彼もまた、チームの戦力を仕上げるためのピース。(状態を上げて)体の強度が増せば、試合中盤まで投げてくれるし、終盤まで投げてくれることもある。本当に良いメジャーリーグの先発投手と言うものは、その素晴らしさから大金を稼ぐものだし、ディファレンスメーカーでもある」と語っていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加