“運命のカレ”とはいつ巡り合う?西洋占星術でみる出会いの時期

“運命のカレ”とはいつ巡り合う?西洋占星術でみる出会いの時期

  • アサジョ
  • 更新日:2021/04/08
No image

「いつ出会いがあるんだろう……」と、ふと思うことはありませんか?

【関連記事】【12星座別・クリスマスの過ごし方】双子座の男は同じ場所にいられない!?

ありとあらゆる手をつくしたけれど結果が出ないときには、“星読み”をすることで時期がみえてくるかもしれません。西洋占星術では、恋愛や結婚運は金星と火星、太陽と月などでみるのが一般的ですが、時期については、「トランジット」というものでみることができます。

トランジットとは、現行の天体の位置のこと。これは日々動いているものですが、実は、太陽の位置が自分の出生ホロスコープの起点である「アセンダント」と重なるときには、自分の“始まり”を示しているのだとか。何が始まるのかは人それぞれですが、ある女性は結婚相手と出会い、また、太陽が動いて「MC」という社会的頂点に達したときに、その相手と結婚を果たしたそうです。

太陽は女性にとって夫を指すといわれているので、「出会いがない……」という人は、太陽の動きをみておくのがよさそうですね。

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加