『シン・ウルトラマン』樋口真嗣監督、庵野秀明の脚本と「寸分違わない」公開迎え感謝

『シン・ウルトラマン』樋口真嗣監督、庵野秀明の脚本と「寸分違わない」公開迎え感謝

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/05/13
No image

ついに『シン・ウルトラマン』公開!(左から)早見あかり、西島秀俊、斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、樋口真嗣監督

13日、映画『シン・ウルトラマン』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の斎藤工をはじめ、長澤まさみ西島秀俊有岡大貴早見あかり樋口真嗣監督が出席。長い月日をかけて完成したプロジェクトを振り返った樋口監督は、本作の企画・脚本を務めた庵野秀明に感謝を述べた。

「ウルトラマン」の企画・発想の原点に立ち返り、未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く『シン・ウルトラマン』。企画・脚本を庵野秀明、監督を樋口真嗣が務め、斎藤工演じるウルトラマンになる男・神永新二(かみなが・しんじ)と、彼の所属する防災庁の専従組織・通称「禍特対」(カトクタイ)の活躍を描く。

樋口監督は、映画上映後の観客を前に「思えば庵野から『ウルトラマン』をやるんだけど撮って、と言われてから4年以上がたっております」と切り出し「こんなにも長い時間をかけることができた映画も初めてですし、こうやって(ステージに)並んでいるメンバーと、撮影の後もずっと同じ時間を共有できたことは本当に得がたい経験でした。感謝しています」と晴れやかな顔を見せた。

ウルトラマンになる男・神永新二を演じた斎藤は「いち映画ファンとして、今朝8時の回を観てきました」と告白。「ただ、今日の天気と交通事情の折り合いがつかず上映時間に間に合わなくて、申し訳ない気持ちでしたが……」と明かしながら「でも、いち観客としてこの作品をまさに“体感”し、興奮冷めやらない感じです」と力強く語った。

有岡や早見によると、禍特対のメンバーは本当に仲が良く、休憩中なども話が絶えなかったという。ただ、非粒子物理学者・滝明久を演じた有岡は、膨大な量のセリフに加え、数式なども覚えなくてはならず、「みんなでおしゃべりをしている途中で『練習しますよ』と呼び出されるんです。さみしかったですけど、なんとか乗り切ることができました」と笑顔。そんな2人に斎藤は「かなり専門的な用語が多かったのですが、お二人のキャラクターが非現実と現実をつむいでくれた。この世界観を作れたのは、お二人の努力のたまものだと思います」とその功績を称えていた。

そして、和気あいあいとした舞台あいさつの終盤、コメントを求められた樋口監督は「庵野からあがってきたホン(脚本)と、皆さんが観ていただいた作品と、寸分違わないものを作ったつもりでいます」と語ると、「一緒にいた楽しいチームも終わりかと思うと寂しい気持ちもあります。ただし、大ヒットすると(再び舞台あいさつに)呼び出しがかかる。そういうのを期待しています」と付け加えると、「2回、3回と観ると、この作品の仕掛けがわかると思いますので、ネタバレなしで、この作品の良さをみんなに伝えていただけたら」と観客に呼びかけていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『シン・ウルトラマン』は全国公開中

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加