watchOS 7で音楽ガジェットとしても強くなるApple Watch

watchOS 7で音楽ガジェットとしても強くなるApple Watch

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2020/07/01
No image

Apple

対応アプリの増加に期待。

今年の秋にリリースされるwatchOS 7ですが、FairPlayのサポートによりDRM音源のストリーミング再生に対応することが判明しました。watchOS 7がDRM音源に対応すれば、開発者はwatchOS向けにDRM音源をストリーミングするアプリの開発が可能になります。これにより、Apple Watch向けの音楽アプリが増加することが期待できそうです。

Appleが公開したWWDCのセッションより判明した、今回の情報。すでにiOSやmacOS、tvOSはFairPlayとDRM音源(や動画)のストリーミングに対応していますが、これがwatchOSにも広がることになります。

さらにwatchOS 7では、xHE-AACコーデックのサポートも追加されています。 これはAACコーデックと同等の品質ながら、ファイルサイズを小さくできるというもの。こちらも、Apple Watchでの音楽視聴体験を向上させてくれそうです。

Source:Applevia9to5Mac

2020年7月1日:誤字を修正しました

塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加