大阪・梅田のうめきた2期地区、3ホテルも開業予定

大阪・梅田のうめきた2期地区、3ホテルも開業予定

  • Lmaga.jp
  • 更新日:2021/11/26

JR大阪駅の北側「うめきた2期地区」(大阪市北区)に、「ヒルトン」(本社:アメリカ・バージニア州)が2施設、「阪急阪神ホテルズ」(本社:大阪市北区)が1施設のホテルを開業すると11月24日に発表した。

No image

うめきた2期地区全景のイメージ

「ヒルトン」が手がけるのは、最上級ラグジュアリーブランドの「ウォルドーフ・アストリア大阪」(以下WA)と、若い世代を意識したライフスタイルブランドの「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」(以下キャノピー)で、共にに日本初となる予定。「阪急阪神ホテルズ」に関してはブランドは未定となっているが宿泊主体型とのことで、それぞれがターゲットとする客層は異なりそうだ。

「ヒルトン」の日本・韓国・ミクロネシア地区代表のティモシー・ソーパーさんは、「大阪は、2025年に『大阪・関西万博』の開催に伴い、国内外から多くの方が訪れることが大きく期待される。それぞれのブランドにふさわしいおもてなしで、活気あふれる大阪を訪れるお客さまに記憶に残る体験を提供できると確信しています」とコメント。この取り組みにに多大なる期待を寄せている。

2024年下期に開業予定の「キャノピー」は、北街区賃貸棟の最上階を含む10〜25階で、客室は32平米を中心とする308室。ルーフトップ・バーもあり、大阪・梅田の夜景を楽しめるスポットとなりそうだ。

続く2025年上期に開業予定の「WA」は、南街区賃貸棟・西棟の28〜38階に位置。客室は50平米を中心とする252室で、屋内プール、チャペル、宴会場、会議場などを備え、3つの施設のなかでは最大規模となる。

一方「阪急阪神ホテルズ」の新ホテルは、南街区賃貸棟・東棟の5~28階で、客室は23平米を中心とする482室。近隣にある同社の「大阪新阪急ホテル」は2024年度末に閉館するものの、周辺には3〜4人用の客室も多い「ホテル阪急レスパイア大阪」や、高級ホテル「ホテル阪急インターナショナル」などがあり、異なるコンセプトを打ち出すことが予想される。

「うめきた2期地区開発事業」の計画地は、大阪駅北大深西地区で敷地面積9万1150平米。うち4万5000平米が都市公園となり、その公園の南北に南街区賃貸棟、北街区賃貸棟が建設される。それぞれの詳細は今後随時発表予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加