F1イタリアGPでの黄旗無視は「無線で誤解があり減速しなかった」と角田裕毅。再発防止を誓う

F1イタリアGPでの黄旗無視は「無線で誤解があり減速しなかった」と角田裕毅。再発防止を誓う

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/09/23
No image

角田裕毅(アルファタウリ)は、2022年F1第16戦イタリアGPのフリー走行2回目で受けたペナルティについて「不必要だった」と振り返ったうえで、それがエンジニアとの「コミュニケーションミス」によるものだったと説明した。

角田はF1イタリアGPのFP2で、イエローフラッグ下で十分な減速をしなかったとして3グリッドの降格処分を受けた。角田はすでにパワーユニット交換による最後尾スタートが決定していたためレースへの影響はなかったが、ペナルティポイントが2点加算され累積8点となった。

アルファタウリのフランツ・トスト代表は土曜日に行われた記者会見で「彼のパフォーマンスは向上し続けている」と角田を評価する一方、このペナルティについては「FP2でイエローフラッグを無視するのは賢明とは言えない。彼は自分の感情をコントロールし、もっと自分を律しなければならない」と厳しい発言を残した。

2021年のF1デビュー以来、角田は無線での過激な言動が話題になり、感情の抑制が課題とされてきた。ペナルティポイント累積8点は、イタリアGP終了時点では全ドライバーのなかでもワーストだ。角田は11月に2点が減算されるまでは、出場停止が言い渡される12点に4点まで迫った状態で戦い続けることになる。

『RaceFans』によると、予選後に「あのイエローフラッグのように、これまでにも何度か不必要なことをしてきましたが、ああいったことは絶対にやめなければいけません」とイタリアGPのFP2を振り返った角田は、ペナルティは無線でやり取りするレースエンジニアとの「コミュニケーションミス」の結果だと付け加えた。

「もちろん普段は自分でスピードを落としていますし、イエローフラッグでペナルティを受けたことはありません。無線で少し誤解があり、それで減速しなかったんです」

「それでも責任は自分にあります。イエローフラッグは安全のためにあるものですし、こういったことはなくす必要があります」

No image

2022年F1第16戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加