iPhoneで運転免許書が提示できる未来、少し遅れます

iPhoneで運転免許書が提示できる未来、少し遅れます

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/11/25
No image

Image: Apple

日本でも早くー。

iOS 15での目玉機能の一つでもある、アメリカにおける運転免許証や身分証明書のデジタル提示機能。こちら残念ながら、年内に予定されていた機能提供が2022年初旬へと延期されてしまいました。便利そうな機能なのですが…。

iOS 15におけるデジタル身分証明書機能はもともと、アメリカのアリゾナ州やジョージア州、そしてそれに連なる複数の州から導入される予定でした。このように州によって導入時期が異なるのは、デジタル身分証明書の提示機能が行政機関との連携を必要とするからです。

一方でApple(アップル)は、米国の一部の空港のTSAセキュリティチェックポイントにて、デジタル身分証明書が最初に利用できるようになると伝えています。この場合、iPhoneやApple WatchをIDリーダーにかざすだけで、TASに身分証明書を提示できるようになるのです。

ちなみに、こういった法的効力のある身分証明書をスマホ上で提示できる機能がすでに実現されている国もあります。私が住んでいるウクライナでは「DIA(‎Дія)」というアプリにて、身分証明書からコロナのワクチン証明書までが提示可能だったりします。

Source:AppleviaMacRumors

塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加