王将戦挑戦者決定リーグ最終戦 永瀬王座1敗で豊島竜王とのプレーオフへ 藤井2冠はリーグ降格

王将戦挑戦者決定リーグ最終戦 永瀬王座1敗で豊島竜王とのプレーオフへ 藤井2冠はリーグ降格

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグ最終一斉対局は20日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、広瀬章人八段(33)がここまで全勝だった永瀬拓矢王座(28)を破った。

No image

<王将戦挑戦者決定リーグ戦>駒を進める永瀬拓矢王座(撮影・沢田 明徳)

永瀬王座は、豊島将之竜王(30)と5勝1敗同士で並び、30日のプレーオフに臨む。

広瀬八段は3勝3敗とし、シード順でリーグ残留が決定。これで4人目の残留が確定し、藤井聡太2冠(18)がリーグから降格となった。

▼永瀬王座 つくりが悪すぎて、課題が多くあります。中盤は盛り返して互角に戻ったのかなと思います。少し指せてる手応えはあったんですけど、▲2四歩の時に同歩か3五銀か、あるいは4四銀と出た時に5四角など、こちらに分岐が発生したので、どれかを選んでいれば体勢としては悪くなかったんじゃないかなと思います。過密日程が引き続き続くので精一杯頑張りたい。

▼広瀬八段 序盤、中盤はちょっと失敗したかなと思って指していた。桂馬が2枚跳ねているのでそれを生かせる構想を考えていた。本譜はギリギリだったが、攻めが切れなければこちらも勝負にはなるかなと思っていた。(自信を持ったのは)5三香成から6三成香で、攻めが間に合えば一手勝っているかなと思っていた。(リーグ残留が決定)3回負けたがそのうち2回は最終盤での負け。途中からは残留争いに切り替えたが、なんとか「順位」(今期リーグ順位1位)という形で残留できた。来期に向けての自信になるし自信にしたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加