【孤高のサムライ戦記|田中亜土夢】ボランチで新境地を開拓。走力も健在の34歳は、日本とフィンランドの架け橋に

【孤高のサムライ戦記|田中亜土夢】ボランチで新境地を開拓。走力も健在の34歳は、日本とフィンランドの架け橋に

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

フィンランドでの生活も計6年目。「第2の故郷になりつつあります」と愛着を感じており、日本との交流にも貢献したいと願う。写真:本人提供

No image

2015年に欧州初挑戦。当時は攻撃の大黒柱として活躍した。(C)Getty Images

No image

ヘルシンキではボランチでプレーする田中。10月で35歳を迎えるが、体力的な不安はなく、「1試合で10キロ以上は走ってます」。写真:本人提供

日本を離れ、海外に活躍の場を求めて戦い抜く――己の信念を貫き、独自のキャリアを刻むサムライの生き様をディープに掘り下げる。フィンランドで奮闘を続ける田中亜土夢が描く未来像とは?

――◆――◆――

8月に入り、欧州主要リーグが続々と開幕。熾烈な戦いも本格化しつつある。

田中亜土夢が所属するフィンランドの強豪・HJKヘルシンキは4日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦でスロベニアのマリボルとの第1レグに挑み、2-0で先勝。田中自身も後半頭から45分間プレーし、白星に貢献した。

「今年のHJKはチャンピオンズ・リーグ(CL)の予備戦から出ているのですが、僕はここまで4戦は出番がなかった。今回のマリボル戦で欧州初出場が叶いました。

今のチームでは絶対的主力というわけではなく、控えに回ることも多いんですが、最近リーグ3試合はまずまずの活躍ができていた。それを見た(トニ・コスケラ)監督が起用に踏み切ってくれたんだと思います。

10月で35歳になりますけど、体力的な衰えは一切感じないですね。今はボランチで出ていて、1試合で10キロ以上は走ってますし、90分余裕でやれてますから」
どこまでも前向きな田中がフィンランドに赴いたのは、2015年1月。故郷のクラブであるアルビレックス新潟で10年間プレーした男の北欧移籍は大きなサプライズだった。

冬の寒さ、日照時間の少なさ、言葉や生活スタイルなど日本と環境の異なる国だけに、さまざまな困難に直面すると見られたが、適応力の高い田中はスムーズに現地に溶け込み、背番号10をつけて躍動。2015年シーズンは31試合に出場し8ゴールという目覚ましい成果を挙げた。

2年目の2016年は17試合出場・5得点とやや物足りなさを感じさせたが、3年目の2017年は33試合出場・7得点。大きな爪痕を残すことに成功したのだ。

この実績を引っ提げ、日本に戻り、セレッソ大阪で2シーズンプレー。だが、本人は「もう一度、フィンランドに戻りたい」と熱望し、コロナ禍に差し掛かりつつあった2020年1月にヘルシンキに復帰する。
再び、ヘルシンキに戻った田中はサウナ好きにちなんで背番号を37に変更し、古巣凱旋を果たそうと意欲満々だったが、コロナ感染拡大でチームが1か月間の活動停止に陥ってしまう。リーグ戦も短縮されるなど、混乱が続いたが、2020年は全22試合中19試合に出場し、5ゴール。本人も納得いく働きができたという。

「この時点でHJKとの契約は2021年7月までだったんですが、2021年に賭ける気持ちが強かった。そこで2022年の年末まで延長し、より高い領域に上り詰めたいと考えたんです。ところが、その矢先の昨年7月のマルメ戦(CL予選)で膝を負傷してしまった。全治3か月と診断され、長期離脱を強いられました。

結局、復帰したのは10月24日のFC インテル戦。その後はリーグ3試合や、カンファレンスリーグで中村敬斗君のいるリンツとの試合にも出ました。でも自分が掲げていた『シーズン二桁ゴール』という数字には届かなかった。それには悔しさを感じました」

予期せぬ苦しみを味わうなか、希望になったのが、ボランチという新たなポジションへの挑戦だった。負傷前の昨年5月頃からコスケラ監督から「これまでのアタッカーのポジションから一列下がってプレーしてほしい」と求められた。

気持ちを切り替えて取り組んだところ、持ち前のボール奪取力や球際をより一層、発揮できるようになったのだ。田中にしてみれば、前橋育英高校時代以来のトライだったが、「前を向いてプレーできる分、やりやすさを感じた」という。
それを2022年シーズンも継続。ここまでリーグ15試合(うち先発9試合)1ゴールという数字を残している。2015~17年に在籍した頃のような「攻撃の大黒柱」というわけではないが、コンスタントに半年間戦えているのはポジティブな要素と言っていいだろう。

「ボランチをやればやるほど、『このポジションのほうが自分に合っているのかな』と感じることが多くなってきました。それだけ面白味を感じているということだと思います。

ボランチの醍醐味はやはり守備。相手の攻撃を止めたり、インターセプトした瞬間は快感を覚えます(笑)。読みで敵を上回る面白さはこの1年間で新たに感じたことですね。

もともと自分はスピードがあるほうじゃないし、駆け引きや戦術眼で勝負するほう。長年の経験も生かせるんで、ここからもっともっと突き詰めていきたい。長谷部(誠/フランクフルト)さんも30代半ばからボランチ、リベロで存在感を増していった。自分もそうなれるように頑張っていきたいです」
新たな意欲に燃える田中。目下の課題は契約延長できるか否かだ。リーグは10月末に終わるため、そろそろ今後の身の振り方の話し合いが行なわれるようだが、本人の感触は今のところ五分五分。ボランチという新境地を開拓しつつある今、ヘルシンキにとどまって、このチャレンジを続けたいという気持ちも少なくない。全ては8~10月の一挙手一投足にかかっていると言っても過言ではない。

「フィンランドに住んで6年。この国は僕にとっての第2の故郷になりつつあります。実は8月7日の川崎フロンターレ対横浜F・マリノス戦の際にも、僕が運営するサイト『MOI SAUNA』のブースを出していただき、HJKのユニホーム、オリジナルサウナハットなどを販売するんですが、日本とフィンランドの架け橋になりたいという思いも日に日に強まっています。

30代後半まで現役を続けて、『オンリーワンの存在』として輝きを放ちつつ、ピッチ外でも両国の交流に貢献できたら理想的。サッカーのほうでも日本の子どもたちの遠征のお手伝いなどができたらいいなと考えています」

田中はスケールの大きな未来像を描いている。確かにフィンランドでこれだけの地位を築いた日本人選手は彼1人。独自のキャリアを突き詰めていくことこそ、田中らしい生きざまと言っていい。
「日本から見ると、フィンランドは強豪とは言えないかもしれないですけど、欧州の中では第2ランクに入るか入らないか。若手選手が欧州5大リーグに移籍したり、国内リーグも差がなくなってきたりと、レベルは確実に向上しつつあります。

48か国が出場になる2026年ワールドカップは初出場する可能性もあると思います。それも含めて日本とのつながりを深めるのは意味あること。その一助になれるように、これからもピッチ内外でベストを尽くします」

目を輝かせる田中には、ぜひともELという大舞台をつかんでもらいたい。次戦は8月11日のマリボルとの第2レグ。これに勝ち、さらにプレーオフも勝ち上がって、未知なる領域に達してほしいものである。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加