冷麺店利用客が食中毒で死亡...錦糸卵から「サルモネラ菌」検出=韓国金海

冷麺店利用客が食中毒で死亡...錦糸卵から「サルモネラ菌」検出=韓国金海

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/06/23
No image

冷麺店利用客が食中毒で死亡...錦糸卵から「サルモネラ菌」検出=韓国金海(画像提供:wowkorea)

韓国キョンサンナムド(慶尚南道)キメ(金海)市のレストランで冷麺を食べた利用客30人余りが食中毒にかかり、このうち60代の男性が死亡した事実が遅れて知らされた。

金海市は23日、先月15日から18日の間の4日間、冷麺専門レストランを利用した1000人の利用客のうち、34人が集団食中毒にかかったことが把握されたと明らかにした。

このうち、同レストランの冷麺をデリバリーして食べた60代の男性A氏が食中毒の症状で腹痛などを訴えて病院で治療を受けたが、入院3日後に死亡したことが分かった。

解剖の結果、A氏の死亡原因は敗血症性ショックだった。食中毒を引き起こす起こす「サルモネラ菌」が血管まで浸透して全身に炎症をもたらしたのだ。

韓国食品医薬品安全処は先月19日、レストランを調査した結果、錦糸卵から食中毒を引き起こすサルモネラ菌が検出された。

現在、同レストランは市から1か月間の営業停止行政措置が下りた。レストランの入口には「営業停止」の案内文が貼り付けられ、営業は中断された状態だ。

警察はレストランの所有者を立件して、正確な経緯について調査している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加