偽アカ続々...「当選」で個人情報要求 大宮・西武園競輪、埼玉県のSNSで成り済まし、キャンペーン中止に

偽アカ続々...「当選」で個人情報要求 大宮・西武園競輪、埼玉県のSNSで成り済まし、キャンペーン中止に

  • 埼玉新聞
  • 更新日:2022/09/23
No image

埼玉県庁=埼玉県さいたま市浦和区高砂

埼玉県は20日、短文投稿サイト「ツイッター」の大宮・西武園競輪公式アカウントに成り済ましたアカウントを確認し、注意を呼びかけた。15日には写真共有アプリ「インスタグラム」で県公式を装ったアカウントが見つかっている。偽のアカウントをフォローすると、「プレゼントに当選した」などとして個人情報を送るようメッセージがくる場合があるという。両アカウントとも個人情報流出防止のため、実施していたプレゼントキャンペーンを中止した。

偽アカウントはアイコンの画像やプロフィールなどが公式と全く同じで、アカウント名の一部やフォロワー数などわずかな違いでしか判別できない。県営競技事務所によると、大宮・西武園競輪のツイッター公式アカウント「 @KEIRIN_SAITAMA 」に対し、偽アカウントは「_(アンダーバー)」が大文字。公式アカウントをフォローやリツイートすることでクオカードが当たるキャンペーンを19日から実施したところ、20日に偽アカウントが確認された。

県公式インスタグラム( @saitama_pref_official )の偽アカウントは、公式と同じ写真を投稿して成り済ましていたが、既に削除された。プレゼントキャンペーンを実施していたが、いずれも個人情報流出などの被害はないという。

県広報課は「公式から誰かをフォローすることはないが、偽物はフォローしてメッセージを送ってくる」と説明。「魅力を伝えるためにSNS(交流サイト)を始めたが、キャンペーンを実施すると偽アカウントが発生することがある。注意してほしい」と呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加