「ナイス三笘さん!」本田圭佑氏が絶賛 日本最大のピンチを救った三笘薫の“最速ディフェンス”が話題

「ナイス三笘さん!」本田圭佑氏が絶賛 日本最大のピンチを救った三笘薫の“最速ディフェンス”が話題

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE】ドイツ1-2日本(日本時間11月23日/ハリファ インターナショナル スタジアム)

優勝候補のドイツから歴史的逆転勝利を収めた日本。手に汗握る白熱の試合で、三笘薫が日本最大のピンチを救った“最速ディフェンス”を本田圭佑氏が「ナイス三笘さん!」と絶賛。注目を集める一幕があった。

【映像】日本を救った三笘の“最速”ディフェンス

日本はドイツに先制を許し、その後も攻め込まれる苦しい展開が続いたが、堂安律と浅野拓磨の連続ゴールで逆転に成功。「あとは守るだけ!」と本田氏と祈るように伝えていたが、世界屈指の攻撃陣を誇るドイツは圧倒的な波状攻撃で日本ゴールを脅かしていた。

時計は90分を回ったが、アディショナルタイムは7分。長い。そして、追加時間3分が経過した時だった。左サイドでボールを持ったドイツ代表FWムココがグラウンダーのクロスを供給すると、このボールがMFゴレツカの前にこぼれ、シュートチャンスを迎えた。

ゴレツカが右に持ち運び、フィニッシュに持ち込もうと試みたその瞬間──。三笘が高速で左足を伸ばしてボールに触り、マイボールにして蹴り出したのだ。日本は絶体絶命のピンチを脱し、ABEMAで試合を見守った本田氏も思わず「ナイス三笘さん!」と叫んだのだった。

三笘の最大の武器は、言うまでもなく左サイドで見せるドリブル突破だ。Jリーグ時代も左ウイングとして攻撃面で違いを作ることを求められていた三笘だったが、ヨーロッパに移籍してからは守備力が求められるウイングバックでプレーする機会が増えたことも、奏功したのかもしれない。この試合は普段の一列後ろの左ウイングバックで途中出場し、従来のウイングの位置では帰陣できなかったかもしれない場面で、事前に危険を察知し、ゴレツカがシュートを放つ前にボールを奪ってクリアすることに成功したのだ。

本田氏が「よしよしよし、ナイス三笘さん、いや長いっすね、よう三笘さんこれに反応しましたよ」と三笘に感謝し、絶賛したように、日本中が胸を撫で下ろした瞬間だった。

この試合で日本は何度もピンチを迎えたが、終始ピッチ上の選手が体を張り続けた結果、ギュンドアンのPKによる失点のみに抑えることができた。実際にこの試合のドイツのゴール期待値(あるシュートチャンスが得点に結びつく確率)は3.53点と、3点以上奪われてもおかしくはないほどピンチを迎えていたのだ。三笘がそうであったように、日本代表メンバーたちの集中した守備が歴史的金星を手繰り寄せたと言っても過言ではない。(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加