伊藤沙莉、『ひよっこ』で朝ドラ恐怖症を克服! 金髪で受けたオーディション回顧

伊藤沙莉、『ひよっこ』で朝ドラ恐怖症を克服! 金髪で受けたオーディション回顧

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

女優の伊藤沙莉が14日、都内で行われた「APACコンテンツ・ショーケース」に出席。ディズニー・プラスでオリジナルコンテンツとして配信されるドラマ『拾われた男』出演にちなみ「人生拾われた経験」について聞かれた伊藤は、NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』のオーディションにまつわるエピソードを披露した。イベントには伊藤とともに作品に出演している仲野太賀、草なぎ剛、本作の原作者である俳優の松尾諭も出席した。

草なぎ剛、“拾われた”と思う瞬間を告白「愛犬クルミちゃんに見つめられると…」

同イベントでは、動画配信サービスディズニー・プラスを運営しているウォルト・ディズニー・カンパニーが、アジア太平洋地域(APAC)の気鋭のクリエイターたちの協力のもと制作した、オリジナル18作品を含む、20作品を初披露。日本からは『拾われた男』のほか、柳楽優弥主演の『ガンニバル』など6作品が発表され、10月17日から新たに加わる総合エンターテインメントが楽しめる「スターブランド」から配信される。

『拾われた男』は、個性派俳優・松尾諭が、波乱人生の俳優道を描いたエッセイを原作にドラマ化。一枚の航空券を拾ったことから始まる予測不能な俳優としての道のり、運命的な恋人との出会い、そして兄を救うためのアメリカへの救出劇など、捧腹絶倒のヒューマンコメディ。

主人公の妻を演じる伊藤は「結構前から松尾さんからやってもらいたい役があるんだと言われていたんです」と直接本人からオファーを受けていたことを明かすと「夫婦愛がしっかり描かれている原作の世界観を崩さないようにしたいです」と意気込みを語る。

本作のタイトルにちなみ「人生で拾われた経験」を聞かれた伊藤は「私の人生拾われまくっていますから」と笑うと「そんななかでもコンプレックス解消となったのが、朝ドラのヒロインオーディションでした」と語る。

伊藤は、朝ドラのヒロインオーディションを何度も受けていたというと「自分がそういうタイプじゃないとずっと思っていたんですが『ひよっこ』のとき、ヒロインとは別の、お嬢様役のオーディションを受けたんです。そのときヤンキー役を映画でやっていたため、金髪で行ったのを、脚本家の岡田惠和さんが面白いと言ってくれて、米子(安部さおり)の役で拾ってくれたんです。あれがなければ、朝ドラ恐怖症のままだったと思います」というエピソードを披露した。

また同じ質問に仲野は「僕は13歳のときにこの仕事を始めたのですが、林遣都くん主演
の映画のオーディションに受かったとき、彼のマネージャーさんに直談判して『事務所に入れてください』ってお願いして、いまの事務所に拾ってもらったんです」と回答していた。

『拾われた男』と同じく、オリジナル実写作品としてラインアップされた『ガンニバル』主演の柳楽はビデオメッセージでイベントに参加。「原作を読み進めると、骨太なテーマでキャラクターの個性が引き立っていました。そういった原作の良さを実写で表現して
いきたい」と意気込みを語ると、「映像やエンターテインメント業界が大きく変化しているなか、ディズニーさんを通して世界中に観てもらえる機会をいただける作品に携われることが、俳優としてラッキーだなと感じています」と笑顔を見せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加