大鵬の孫・王鵬 幕内の圧力体感 関取衆と2勝6敗「頭を使いながら一生懸命」

大鵬の孫・王鵬 幕内の圧力体感 関取衆と2勝6敗「頭を使いながら一生懸命」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

王鵬

“昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫で十両王鵬(21)=大嶽=が22日、東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古に参加し、連日20番以上取って、精力的に鍛えている。この日も幕下と15番取った後、関取衆の申し合いで2勝6敗。明生、豊昇龍(ともに立浪)、霧馬山(陸奥)らに幕内の圧力を体感した。

「稽古ができるチャンスなので、できる時に納得するくらいやっておこうかなと。幕内の人たちと稽古させてもらえているので自分の押し相撲が通用するかなとか、通用しなかったら、じゃあどうしよう、頭を使いながら一生懸命やっています」と、全力でぶつかっている。

新十両だった先場所、5勝10敗と完敗し、春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)は再び幕下への降下が濃厚。得意の突き押し相撲がなかなか簡単には取らせてくれなかった。

「前に出る相撲は取れる時は取れているかなという気がします。突き放すのに徹底した方が良いと思うんですけど自分の技術じゃどうしても組み止められるのが多くなってくる。組み止められて何もできないじゃダメかなと思ってやろうとはしています」と、新十両での悔しさを糧に何とか、成長を誓う。

関取相手の申し合いは「体のきつさが全然違う。もう体が動かない」と言う。「一応、全部出る予定ではいる」と、合同稽古にフル参戦し、上位の実力を体に刻みつける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加