子どものスマホデビュー時期、何年生からが一般的?

子どものスマホデビュー時期、何年生からが一般的?

  • @DIME
  • 更新日:2023/01/25
No image

親にとっては悩ましい、子どものスマホデビューをいつにするか問題。早いうちから持たせてしまうと、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性がある。

かといって、あまりに買い与えるのが遅いと、友だちグループから仲間外れにされてしまうこともあり得る……。そんなふうに頭を抱えている方は多いだろうが、実際のところ、子どもが何年生の時にスマホを持たせる親が多いのだろうか?

そこでMMDLaboが運営するMMD研究所はこのほど、「2023年1月初めてスマートフォンを持つ子どもと親への意識調査」を実施。その結果をグラフにまとめて発表した。

スマホデビュー時期は小学6年生が最多で14.9%

2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた20歳~59歳の親(n=1,769)を対象に、子どもに初めてスマートフォンを持たせた学年を聞いたところ、最も多かった回答は「小学6年生」で14.9%、次いで「中学1年生」が12.7%、「中学3年生」が10.0%となった。

No image

これを小中高別でまとめると「小学生」が51.0%と最も多く、次いで「中学生」が29.0%、「高校生」が12.8%となった。

No image

子どもがスマートフォンを所持してからのトラブルに巻き込まれた経験は20.1%

2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもがスマートフォンを所持してからのトラブルに巻き込まれた経験を聞いたところ、20.1%が「トラブルに巻き込まれたことがある」と回答し、2022年と比較すると3.9ポイント増えていることがわかった。

No image

これを小中高別で見ると、小学生(n=488)の26.8%、中学生(n=290)の13.8%、高校生(n=130)の10.0%が「トラブルに巻き込まれたことがある」ことがわかった。

No image

次に、子どもがトラブルに巻き込まれたことがある回答した親(n=201)を対象に、子どもがスマートフォンを所持してからトラブルに巻き込まれた内容を聞いたところ(複数回答可)、最も多かった回答が「ゲームや有料課金サイトで大幅に課金してしまった」「LINEなどのコミュニケーションツールで既読無視されて、友人と険悪になってしまった」「不適切な写真を送るように言われたり、意思と関係なく送られてきたりした」が14.9%と同率の結果となった。

トラブルに巻き込まれた経験が最も多かった小学生(n=131)のトラブルに巻き込まれた内容は「不適切な写真を送るように言われたり、意思と関係なく送られてきたりした」が18.3%で最も多く、次いで「ゲームや有料課金サイトで大幅に課金してしまった」が16.0%、「ワンクリック詐欺の画面が出てきて、お金を請求された」が15.3%だった。

No image

次に、2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、スマートフォンに関連したトラブルを回避するために、困っていることを聞いたところ(複数回答可)、「ルールを決めたが管理することができない」が23.9%と最も多かった。

次いで、「ルールを決めることが難しい」が22.3%、「正しいスマホの使い方が自分でもよくわかっていない」が16.3%となった。また、「何をすればいいか分からない」が25.9%となり、そもそも困っている内容自体がわからない割合も多い結果となった。

No image

子どもの勉強時のスマートフォン活用率は63.7%

2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもの勉強時のスマートフォン活用について聞いたところ、63.7%が「勉強をする際に、スマートフォンを活用している」と回答した。

No image

次に、子どもが勉強時にスマートフォンを活用していると回答した親(n=637)を対象に、子どもが勉強時に利用しているアプリ/サービスを聞いたところ(複数回答可)、「YouTubeなどの動画学習」が44.6%と最も多く、次いで「英会話・英単語学習」が26.4%、「語学(英語以外)の学習」が18.7%となった。

No image

2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもが勉強をする際にスマートフォンを活用することについて聞いたところ、過半数の親が子どもが勉強をする際にスマートフォンを活用することについて「賛成」と回答した。

No image

子どもにお小遣いを渡すときの手段、昨年と比べると「現金」が減少

2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、子どもにお小遣いを渡すときの手段を聞いたところ、「現金」が61.2%と最も多く、次いで「キャッシュレス」が11.8%、「現金とキャッシュレスの併用」が11.7%となり、2022年と比較すると「現金」が3.1ポイント減少、「キャッシュレス」が2.7ポイント増加、「現金とキャッシュレスの併用」が1.3ポイント増加となった。

No image

次に、子どもにお小遣いを渡していると回答した親(n=847)を対象に、キャッシュレスでのお小遣いを送金したいかを聞いたところ、「利用したい」が18.5%、「やや利用したい」が26.9%と合わせて45.4%が利用意向を示した。

2022年と比較すると「利用したい」と「やや利用したい」を合わせると40.3%で5.1ポイント増となった。

No image

子どもがスマートフォンのQRコード決済を利用していてよかったことの上位は「お金の送金ができる」「振込手数料がかからない」

2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた親(n=1,000)を対象に、普段の決済方法を聞いたところ(複数回答可)、親は「現金」が67.3%と最も多く、次いで「クレジットカード」が66.2%、「スマホ決済(QRコード式)」が39.4%となった。
子どもは「現金」が81.4%と最も多く、次いで「カード型の交通系電子マネー」が15.0%、「スマホ決済(QRコード式)」が11.7%となった。

次に、QRコード決済を利用していると回答した親を対象に、利用しているQRコード決済のサービスを聞いたところ(複数回答可)、親(n=394)は「PayPay」が74.6%と最も多く、次いで「d払い」が37.1%、「楽天ペイ」が36.0%となった。

子ども(n=117)は「PayPay」が71.8%と最も多く、次いで「楽天ペイ」が22.2%、「d払い」が17.1%となった。

No image

次に、子どもがスマートフォンのQRコード決済を利用していると回答した親(n=99)を対象に、子どもがスマートフォンのQRコード決済を利用していてよかったことを聞いたところ(複数回答可)、「手持ちの現金がないときにお金の送金ができる」が37.4%と最も多く、次いで「振込手数料がかからない」35.4%、「時間を問わず送金できる」が31.3%となった。

No image

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「2023年1月初めてスマートフォンを持つ子どもと親への意識調査」
調査期間:2022年12月26日~12月27日
有効回答:<予備調査>1,769人<本調査>1,000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>2022年以降に子どもに初めてスマートフォンを持たせた20歳~59歳の男女、<本調査>2022年以降に初めてスマートフォンを持った子がいる親
設問数 :<予備調査>11問、<本調査>19問

出典元:MMD研究所

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加