速水もこみち&若月佑美☆人形を巡る奇妙な三角関係を描いた話題沸騰のドラマで共演中!

速水もこみち&若月佑美☆人形を巡る奇妙な三角関係を描いた話題沸騰のドラマで共演中!

  • TVガイド
  • 更新日:2021/05/02
No image

現在放送中のドラマ「結婚できないにはワケがある。」(ABCテレビほか)での演技に注目が集まっている速水もこみちと若月佑美が登場! 人形の“みちゅこ”のことが大好きな癖のある上司・富澤光央(速水)と、光央のことが大好きな女子社員・後藤まりこ(若月)の恋物語を描く本作。今回、2人にお互いのイメージや、役への向き合い方について直撃した。

――お二人は本作で初共演とのことですが、共演が決まった時のお気持ちと、お互いの印象を教えてください。

速水 「初めて会ったのは衣装合わせの日で、その時はあいさつくらいしかできなかったんですが、いざ現場でお会いしたらすごく役に入り込まれる方なんだなと感じました。見た時は思わず“あっ、まりこがいる!”と思ったくらい。スタッフさんたちが撮影準備をしている間も気を抜かず、まりこでいられるよう気持ちを作っているのも印象的でしたね。“僕も頑張らないと!”と思いました。それに、初共演だとどうしても(雰囲気が)硬い感じになってしまうけど、日を重ねるごとに距離感が縮まっている気がしますよね」

若月 「そうですね!」

速水 「そういう空気感も、いい形で役に反映されたらと思っています」

若月 「私が感じている速水さんの印象は、“とにかく優しい!”です。光央さんという役柄もそうですけど、速水さんご自身もとっても優しい。あと、明るさやユーモアは光央さんよりもとってもあります(笑)」

――光央は明るいというより柔和な人ですもんね(笑)。

若月 「はい(笑)。なので、空き時間に速水さんとお話させてもらうと元気をもらえますね。初めての共演シーンが、光央さんからコーヒーをもらうシーンだったんですけど、その時には私も“光央さんがいる!”って…。現場で見てハッとしましたし、これからいろんなシーンでご一緒できることがすごく楽しみになりました」

――では、役を演じるにあたって意識していらっしゃることを教えてください。

若月 「私は…とにかく一生懸命生きている姿がまりこちゃんの魅力だと思ったので、そこを一番に意識しました。原作の漫画でコミカルに描かれているシーンは、私自身現実から一歩離れてオーバーに見せることはあるんですけど、基本的には真っすぐがむしゃらに取り組みたいなと…。それが、そのまままりこになると思っています」

速水 「若月さんがそういう気持ちでまりこになってくれているから、僕は“引っ張ってもらえているな”と感じることもあります」

若月 「いえいえ、そんな大それたことは…!」

速水 「いや、すごくありがたいです。僕一人では見つけられなかったであろう角度から光央を演じられている瞬間があるので、面白いですね」

No image

――掛け合いの中で良い相乗効果が生まれているのですね。ちなみに、速水さんと言えば、1年前に主演を務められたドラマ「この男は人生最大の過ちです」(2020年)でドM社長を演じ、大きな話題を呼びました。「この男は~」も、本作と同じく「コミックシーモア」内の電子コミック誌「恋するソワレ」連載の漫画が原作でしたが、今回の作品に生かせた部分はありましたか?

速水 「役のことではないんですけど…どちらも原作は少女漫画じゃないですか? 僕は昔から少女漫画を読む習慣がなかったですし、あまり触れることなく生きてきたんです。だから、『この男~』の原作は読むのに時間が掛かったんですけど、今回はすぐ読めました(笑)」

若月 「慣れたんですね(笑)」

速水 「そういうことなのかな(笑)。主に女性が読んでいる漫画でもあるので、女性の気持ちもだんだん分かってきた気がします(笑)。そこに関しては“生きているのかな”と思いますね。本当にスラッと読めて。自分でもびっくりしたので!」

――(笑)。また、少女漫画の特徴でもありますが、まりこはモノローグが多いですよね。

若月 「そうですね。顔で表現することも多いと言えば多いですけど、モノローグも結構多いです。ただ漫画の表現だと考えずに、“現実世界でもあることなんだ、物語の延長なんだ”と捉えてやっています」

速水 「僕らは、“漫画らしくやろう”“コメディーをやろう”とはあまり思っていないんですよね。漫画の要素は漫画の要素としてやらせていただくけれど、全部漫画っぽくやることはないし…。ヒューマンなところはヒューマンとして、心で会話することが大事。そこは最後までブレないようにしたいですね」

――物語は中盤に差し掛かるところです。ここからますます見逃せない展開になりますが、最後に見どころも聞かせてください。

速水 「見どころはやっぱり、2人の掛け合いです。このドラマのメインとなる光央とまりこは、すごくピュアなんですよ。そんな2人が、みちゅこを通してどんなふうに成長していくのか、ぜひ見届けてほしいです」

若月 「この作品は、とっても明るいですからね! ドロドロした描写もないし…」

速水 「ずっと楽しいですよね。今後も年代問わずいろんな方にご覧いただきたいです」

No image

【プロフィール】

速水もこみち(はやみ もこみち)

1984年8月10日、東京都生まれ。獅子座。B型。近年はドラマ「緊急取調室 3rd SEASON」(2019年)、「この男は人生最大の過ちです」(20年)、「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」(21年)などに出演。

若月佑美(わかつき ゆみ)

1994年6月27日、静岡県生まれ。蟹座。O型。近年は、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」「共演NG」、映画「今日から俺は!!劇場版」(いずれも2020年)などに出演。

【作品情報】

No image

「結婚できないにはワケがある。」
5月9日
ABCテレビ
日曜 午後11:55~深夜0:25
※テレビ神奈川では火曜午後11:00~11:30
※ABCテレビでの放送後、TELASAで独占配信。TVer/GYAO!での見逃し配信もあり

人形の“みちゅこ”を溺愛するエリート課長・光央(速水)と、30歳までに結婚したいヒロインのまりこ(若月)が繰り広げるラブストーリー。光央との関係を進展させようと奮闘するまりこ。しかし、光央の本心がなかなか分からないまりこは、またもや不安を感じ…?

【プレゼント】

No image

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2021年5月6日正午~5月12日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」5月14日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/松本まゆげ 撮影/藤木裕之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加