受験生ら襲撃...名古屋から上京の高2少年、なぜ犯行に

受験生ら襲撃...名古屋から上京の高2少年、なぜ犯行に

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

大学入学共通テスト1日目の15日朝、受験生ら3人が会場である東大キャンパスの近くで高校2年生の少年に刃物で切り付けられ、重軽傷を負いました。少年は「去年から事件を起こそうと考えていた」と供述しています。なぜ犯行に及んだのでしょうか。

15日から始まった「大学入学共通テスト」。受験生にとっては人生を左右する大切な日に事件が立て続けに起きてしまいました。

東京メトロの広報:「午前8時24分ごろ、東大前駅で着火剤のようなものがまかれたと確認しています。(犯人は)短髪で男性のような特徴のある方」

試験会場の一つの「東京大学のキャンパス」付近の「東大前駅」で不審火が発生。

目撃者:「高校生くらいの子が改札から走ってきて、瓶と火が付いた物を投げながら走って逃げていくみたいな感じ」

そして、この数分後…。

男性(72)午前8時34分通報:「刺された」

駅からほど近い「東京大学弥生キャンパス」前の歩道で切り付け事件が発生。

切り付けられたのは、共通テストの試験関係者とみられる70代の男性と受験のために訪れていた女子高校生と男子高校生の3人で、このうち70代の男性は緊急手術が行われています。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、名古屋市に住む高校2年生の17歳の少年でした。

目撃者:「(逮捕されたの少年は)無表情。起こされて、右の方に連れていかれた」

警視庁によりますと、逮捕された少年は詰め襟の学生服を着ていたといいます。

凶器となった刃物は刃渡り15センチで、少年が自宅から持ってきたものでした。

逮捕された少年の供述:「東京大学前で歩いていた通行人3人を持っていた刃物で刺した」

少年はなぜ、名古屋から上京して犯行に及んだのでしょうか。

捜査関係者によりますと、14日午後9時40分すぎ、「子どもが帰ってこない」と警察に通報がありました。

少年の家族が「朝、学校に出たきり帰ってこない」と話していて、警察は行方不明届を受理し、特異行方不明者として捜査していたといいます。

逮捕された少年の供述:「勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った。去年から事件を起こそうと考えていた」

少年は3人を刺したことを認めていて、事件前、駅で火を放ったこともほのめかしているとうことです。

15日、東京大学の本郷キャンパスでは約3700人が受験予定でしたが、試験は通常通り行われました。

被害に遭った2人の受験生については、けがの状態に応じて追試験などの救済策も検討しいているといいます。

この事件を受け、午後に末松文部科学大臣が緊急会見を開きました。

末松信介文科大臣:「受験生並びに保護者の皆さんは不安を抱えている方も多いと存じます。大学入試センター、各試験場の大学、警察とも連携をしまして警備の強化に最大限努めますので、どうか落ち着いて受験に臨んで頂きますようお願いを申し上げます」

16日も行われる大学入学共通テストついて警備の強化に最大限努めるとし、受験生に落ち着いた対応を呼び掛けました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加