独自技法で絵に力を 郷右近さんらが作品展〈横浜市鶴見区〉

独自技法で絵に力を 郷右近さんらが作品展〈横浜市鶴見区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

家庭用ペンキスプレーで鶴見など横浜の風景を描く郷右近健二さん=馬場在住=が10月18日から23日までサブウェイギャラリーM=西区みなとみらい3の5=で「郷右近健二・近藤仁志の二人展」を開く。各日午前10時から午後6時まで。

市場中学校など市内の学校で美術教諭として働いていた郷右近さんと、大学時代に同期だった近藤さんが、独自技法で描く風景や、日用雑貨・自然物を組み合わせた立体物、彫刻などが展示される。郷右近さんは「横浜の移り気なまちを描きとめている。区内にゆかりのあるところも描いたので、気軽にお越しいただければ」と話す。

入場無料。会場では作品の販売も行われる。

No image

郷右近さんと描いた作品

タウンニュース鶴見区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加