アサヒビールの工場 福岡市博多区から佐賀県鳥栖市に移転へ

アサヒビールの工場 福岡市博多区から佐賀県鳥栖市に移転へ

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2022/06/23
No image

アサヒビールは23日、2025年に閉鎖する福岡市の博多工場について、佐賀県鳥栖市に移転すると発表しました。

アサヒビールは23日、2025年に閉鎖する福岡市の博多工場について、佐賀県鳥栖市に移転すると発表しました。

アサヒビールはことし2月、福岡市博多区竹下にある博多工場を、2025年末をめどに閉鎖すると明らかにしていました。

その移転先について23日、佐賀県鳥栖市の産業団地に決定したと発表しました。2026年の操業開始を目指します。

アサヒビールによりますと新工場の敷地は、博多工場の2倍以上で、年間生産量は1.3倍を想定しているということです。

現在、博多工場では、主にビール類を生産していますが、今後、清涼飲料なども生産するため、用地の確保が必要で、博多工場周辺では難しく移転を決めました。

博多工場の跡地の活用法は未定で、従業員の雇用は、継続するとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加