中日、大野雄の粘投実らず連敗 3位浮上ならず

中日、大野雄の粘投実らず連敗 3位浮上ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/14

◇セ・リーグ 中日2-5巨人(2022年5月13日 東京D)

No image

<巨・中>8回、中田(右)に2ランを浴びた山本(撮影・河野 光希)

中日は、2-2で迎えた7回、ポランコに勝ち越し打を許し、8回には中田にダメ押し2ランを献上して連敗。前回6日の阪神戦で延長10回2死まで一人の走者も許さない快投を見せた大野雄は6回2失点。エースが粘りのピッチングを見せたが、勝ちにつなげられなかった。

勝てば3位浮上の一戦で、打線は6回にビシエドの同点弾が飛び出すもその後が続かず。巨人先発・戸郷を攻めきれなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加