菅田将暉、上京後初ドラマでパニックに陥っていた デビュー当時のエピソード明かす

菅田将暉、上京後初ドラマでパニックに陥っていた デビュー当時のエピソード明かす

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/01/15

【モデルプレス=2022/01/15】俳優の菅田将暉が16日放送のフジテレビ系『Mr.サンデー』(よる10時~)に初出演。デビュー当時の貴重なエピソードを語る。

No image

(写真 : (左から)宮根誠司、菅田将暉(C)フジテレビ/カンテレ)

【写真】

◆菅田将暉、役作りのこだわり語る「美容室で役が始まっていく」

主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』が、高視聴率でスタートし、注目される中、MC宮根誠司が、28歳の人気俳優の素顔に斬り込んだ。菅田が大阪出身とあって、関西弁で繰り広げられたトークは、予測不能の盛り上がりを見せ、貴重なエピソードが次々と明らかになった。

まずは、ありとあらゆるキャラクターになりきる、変幻自在の演技力の秘密について。宮根が気になったのは、いったいどこから「役に入っていく」のか。菅田の答えは意外なものだった。「美容室で役が始まっていく」。いったいどういうことなのか。今回、『ミステリと言う勿れ』では、主人公・久能整のトレードマーク、ポップコーンパーマに地毛でトライするこだわりを見せた菅田。トップ俳優の役作りのこだわりに、宮根も驚きを隠せない。

◆菅田将暉、パニックに陥った過去を明かす

そして、宮根が聞きたかったのは、役者の原点。大阪から上京後、初めてのドラマ出演で、どんな苦労があったのか。その時の菅田の役どころは、仮面ライダーだったが、パニックに陥ったという。当時のセリフをなんと今も覚えているという菅田。それは「たこ焼き」にまつわるセリフだったという。大阪出身の菅田にとって、それは、めちゃくちゃ恥ずかしい体験だったというが…。貴重なデビュー当時のエピソードからは、変わることのない人柄が垣間見えた。

さらに、宮根と菅田には、ある「共通点」が存在していた。それは、ラジオの仕事をしてきたこと。「子供の頃から大人になるまでの面白エピソードの引き出し、全部開けて空っぽになったんです」と言う宮根に、「めちゃくちゃわかります」と答えた菅田。いつしか、ラジオのためのネタ作りに、どれほど必死だったかという体験で意気投合したふたり。すると、菅田が明らかにしたのは、いつもサインを欲しいと出待ちをする、あるファンのエピソード。事態は思わぬ展開を見せることに。

“宮根誠司×菅田将暉”の化学反応で、今まで見たことのない、“役者・菅田将暉”の姿が浮き彫りになる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加