傷や汚れをなかったことに!「スエード靴」のお手入れ方法

傷や汚れをなかったことに!「スエード靴」のお手入れ方法

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/02/23
No image

特有の質感がある「スエード靴」は、通常の革靴よりも頻繁にお手入れの必要があるアイテム。けれどどんなに注意深く履いていても、傷が出来てしまったり艶がなくなったりと、悩みはつきもの…。

そこで今回は、簡単にできる「スエード靴」のお手入れ方法をご紹介! 傷や汚れの種類に合わせて、メンテナンス方法を変えてみましょう♡

関連記事:汚れや劣化を防いで長持ちへ♡「エナメル革」の正しいお手入れ方法

擦り傷や軽くこすった汚れ

一般的な汚れ

頑固な汚れ

擦り傷や軽くこすった汚れ

何かにぶつかった際にできた跡や小さな傷がある場合は、スエードブラシを使用すると表面の汚れが取れやすくなるとのこと。

お手入れ方法は、汚れが取れるまで一定方向にブラッシングするだけでOK!けれど、この方法を試すとかえって生地が少しくすんだり、艶がなくなったと感じる場合もあるけれど、変化した生地をあえておしゃれとして楽しむのも一つの手。

一般的な汚れ

大胆に汚れが付いてしまったなら、スエード用消しゴムの使用がおすすめ!またスエードブラシを購入すると、セットで消しゴムが付いている場合もあるよう。

スエード用消しゴムを使って、汚れた部分をこする。このとき、ためらわずに少し力を入れると◎。

スエード用消しゴムを使い終わったら、スエードブラシで一定方向にブラッシングして、余分な汚れを取る。

頑固な汚れ

スエードブラシや消しゴムを使っても完全に汚れが取れない場合は、スエード専用の洗浄液やシャンプーを使用してみましょう。

けれど、スエード靴なら何でも同じ方法でお手入れすればいいというわけではなく、それぞれの靴の指示書に記載されている、ケア方法を読むことが大切。洗浄液を水と混ぜ合わせてからブラシをその中に浸し、そこから洗い始める場合もあれば、水を使用せずに靴に直接洗浄液を塗って、ブラッシングする場合もあるんだとか。

洗ったあとは靴の形を保つために靴の中に新聞紙などの紙を入れて一晩乾燥させ、次の日の朝に再度ブラッシングをしてみましょう。そうすれば、新品のような靴に近づいているはず!

さらにホワイトビネガーでも、頑固な汚れを落とすことができるとのこと。汚れている箇所に数適垂らし、清潔なタオルまたはスエードブラシで靴の表面をそっとこすって汚れを取るだけ。このメンテナンス方法は、ブーツに付いたシミにも効果があるよう!

大事なスエード靴をさらに悪い状態にしないためにも、ケアの仕方が心配な場合は購入先や靴の修理専門店などに一度確認してみて下さい。お気に入りのスエード靴を長く履くためにも、しっかりお手入れしましょう♡

※この翻訳は抄訳です。

Translation: ARISA ISHIMOTO

COSMOPOLITAN US

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加