大分町田V弾、連敗7で止める 清水はリズム作れず/分-清12節

大分町田V弾、連敗7で止める 清水はリズム作れず/分-清12節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

大分MF町田也真人(2020年11月21日撮影)

<明治安田生命J1:大分1-0清水>◇第12節◇2日◇昭和電ド

大分トリニータは今季11戦目の初完封勝利で、泥沼の連敗を「7」で止めた。

試合は大分が先制した。前半38分、右CKの攻防からMF町田也真人(31)が2試合連発となる4点目を押し込んだ。今季新加入の192センチFW長沢駿(32)らとともに攻撃陣をけん引した。

清水エスパルスは、大分の激しいプレッシングにリズムがつくれず、強固な組織守備も崩せないまま敗れ4試合ぶりの5敗目を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加