春風が強すぎて髪が絡まる!風が髪に与えるダメージと美髪を守る方法

春風が強すぎて髪が絡まる!風が髪に与えるダメージと美髪を守る方法

  • 頭美人
  • 更新日:2021/04/07
No image

春風が強すぎて髪が絡まる!風が髪に与えるダメージと美髪を守る方法

そろそろ暖かい日も増えてきました。

春を感じる時期となり、ポカポカ陽気誘われてお出掛けしたくなりますよね。

しかし、強めの春風に吹かれて髪が絡まったり、ボサボサになっちゃったりなんてことありませんか?

今回は風によるダメージと美髪を守る方法をご紹介します!

風が髪に与えるダメージ

春風は柔らかい聞こえのいい言葉ですが、実は結構強い風で髪にダメージを与えているのです。

春とは言えまだまだ乾燥しているので、髪も乾燥しがちです。

そこに急に強くなった紫外線と、強い春風に運ばれてくる花粉や黄砂の付着によって、髪はパサパサしゴワゴワとしたツヤがない髪になってしまいます。

ダメージを受けた髪は風で絡まり、絡まりをとくためにブラッシングをすると、切れ毛や抜け毛の原因となり、さらに髪にダメージを与えてしまいます。

風から髪を守って美髪を保つ方法とは?

髪を風から守るためには、風に負けない強い髪と頭皮を作ることです。

それには毎日のセルフケアが大事!

毎日のシャンプーも、まず丁寧にブラッシングをして髪に付着したほこりや汚れ、花粉などをきれいに落として、髪をきちんとといてからしましょう。

これだけでシャンプーをした時の抜け毛を防ぎ、シャンプー時のダメージを防ぎます。

髪を洗うだけでなく、頭皮のマッサージもお忘れなく。

洗い流さないトリートメントをドライヤーの前に使うのもおすすめ。

ドライヤーの熱から髪を守って、痛んだ髪も修復してくれます。

ただし使うのは髪の毛だけ。

頭皮は避けて髪の内側から全体に馴染ませて使いましょう。

お出掛け前のブラッシングには、ヘアクリームやヘアオイルをつけることで、くしどおりが滑らかになり、髪の摩擦を減らしてダメージを防ぎましょう。

また、紫外線や花粉や黄砂から髪を守るために風の強めの日は帽子をかぶるのもいいですね。

毎日のセルフケアを欠かさずに絡まない健康な髪をつくりましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加