巨人戸郷リリーフ登板で1回0封 1四球も盗塁阻止

巨人戸郷リリーフ登板で1回0封 1四球も盗塁阻止

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

巨人対ソフトバンク 7回表、巨人2番手で登板する戸郷(撮影・前田充)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人1-5ソフトバンク>◇第1戦◇21日◇京セラドーム大阪

巨人戸郷翔征投手(20)がリリーフ登板し1回無失点に抑えた。4点を追う7回から菅野の後を受け2番手で登板。牧原を135キロフォークで空振り三振、松田宣を149キロ直球で左飛に打ち取ると、続く甲斐には四球を与えたが、大城が盗塁を刺した。

12日にジャイアンツ球場で練習を行った際に、宮本投手チーフコーチは「中というのもある。1戦目2戦目を何とか取る」と戸郷のリリーフ登板を示唆していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加