九州管区警察局長が着任 「災害対策に力を入れたい」

九州管区警察局長が着任 「災害対策に力を入れたい」

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2021/04/06
No image

新しい九州管区警察局長が着任し、「災害対策に力を入れたい」と決意を語りました。

新しい九州管区警察局長が着任し「災害対策に力を入れたい」と決意を語りました。

九州と沖縄の警察をとりまとめる九州管区警察局長に着任したのは福田正信警視監(55)です。福田局長は富山県出身で東京大学を卒業後警察庁に入り、これまで島根県警や栃木県警の本部長を歴任しました。また直前まで福岡県警の本部長を務めていました。

■福田局長

「災害対策は、警察にとっても重要な業務」「特に国の機関との調整では管区として役割を果たしていかないといけない」

福田局長はさらに「他の県警の先進事案を紹介するなど働き方改革も進めたい」と話しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加