中京大学・企業・地域が繋がり、大学スポーツの可能性を追求するプロジェクトが始動

中京大学・企業・地域が繋がり、大学スポーツの可能性を追求するプロジェクトが始動

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/06/23
No image

梅村学園中京大学は、学園創立100周年を契機として、中京大学スポーツのめざす「競技力向上と社会貢献活動」をより一層推進していくためのプロジェクト「CHUKYO 6 SPORTS」を、6月16日(木)に始動した。

これにより「強く、そして応援されるクラブ」を育成し、知・体・徳を備えた人間としての人格陶治と中京大学スポーツブランドの再構築を目指していく。

大学スポーツの未来を価値あるものに

スポーツ庁が3月に策定した第3期「スポーツ基本計画」では、「する」「みる」「ささえる」といった面で大学スポーツ自体の競技振興を図るとともに、大学スポーツによる地域振興を促進し、「感動する大学スポーツ」の実現をめざすことが示されている。

また、大学スポーツには、選手の更なる技術能力向上、人間としての人格陶冶、地域のスポーツ振興や地域の経済活性化、そして、感動を与えるエンターテインメントといった無限の可能性がある。

中京大学は、大学スポーツが持つ可能性を、地域・企業・社会とともに大きく発展させ、大学スポーツの未来を価値あるものにするために、「CHUKYO 6 SPORTS」プロジェクトを創設した。

産学による全国でも類を見ない取り組み

No image

同プロジェクトは、中京大学が強化スポーツに指定している6競技(野球・サッカー・陸上・水泳・アメリカンフットボール・スケート)を横断的に複数企業がサポートする、産学による全国でも類を見ない取り組み。

「競技能力向上」と「社会貢献活動」の大きな2つのテーマのもとに、「学生アスリート支援」「キャリア支援」「地域スポーツ振興」「大学スポーツ資源活用」「スポーツSDGs」の5つの取り組みを実施する。

パートナー企業と協同しスポーツイベントも

「競技能力向上」の取り組みについては、国内外で活躍できるアスリート育成のための、映像分析や動作解析ソフトを活用した競技サポートやアナリストの養成、スポーツ栄養サポート、デュアルキャリア支援を行っていく。

また、「社会貢献活動」の取り組みについては、パートナー企業と協同し、地域の子どもや高齢者を対象とした中京大学子どもスポーツフェスタやイーグルスポーツスクールの開催、同大学が有するスポーツ資源(施設・指導者・アスリート)を活用したスポーツイベントの企画・実施を行っていく。

パートナー企業は、ミズノ、ダートフィッシュ・ジャパン、F&Cホールディングス、コプロ・ホールディングス、東海東京フィナンシャル・ホールディングス、不動産SHOP ナカジツ、名鉄観光サービスの7社。

中京大学は、大学と企業と地域社会がともにつながり、大学スポーツが持つ可能性を、未来へ、全国へとつなげていくという。

ohno

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加