鳥栖女性殺害事件 容疑者の足取りが明らかに

鳥栖女性殺害事件 容疑者の足取りが明らかに

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

佐賀県鳥栖市で79歳の女性を殺人した疑いで逮捕された長崎大学4年の山口鴻志容疑者について、事件前後の足取りが明らかになってきました。

佐賀県鳥栖市で79歳の女性を殺人した疑いで逮捕された長崎大学4年の山口鴻志容疑者について、事件前後の足取りが明らかになってきました。

■有働記者

「大学生の身柄が検察庁に移されます。」

15日午前、送検された長崎大学薬学部4年の山口鴻志容疑者(25)は、フードで表情はわかりませんが、うつむことなくまっすぐ前を向いているように見えます。

山口容疑者は10日、佐賀県鳥栖市の住宅の庭で、大塚千種さん(79)の頭をハンマーで複数回殴り殺害した疑いです。

警察の調べに対し「鳥栖には初めて来た」と話し、大塚さんとの面識はなかったとみられる山口容疑者の事件前後の足取りがしだいに明らかになってきました。

捜査関係者によりますと山口容疑者は9日夜、長崎市内の自宅アパートの室内に火をつけて、ぼやを起こしたとして、長崎県警が放火などの疑いで行方を捜していました。

佐賀県警によると山口容疑者は9日のうちに、JRの列車などを使って福岡市内へ移動します。そして10日、鳥栖市で大塚さんを殺害したとされています。

その後、JRなどで博多を経由して大分県に向かい、事件から3日後の13日、大分中央警察署に自首しました。

放火、そして、殺人という凶行の疑い。山口容疑者を知る人は。

■山口容疑者を知る人

「医学部を目指していて頭がよくて周囲から一目置かれていた。なぜこんなことを起こしたのか。」

警察は、事件に至る詳しい経緯や動機について調べを進めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加