中村憲剛氏がロールモデルコーチに就任「40歳で引退するまで培った経験を若い世代に...」

中村憲剛氏がロールモデルコーチに就任「40歳で引退するまで培った経験を若い世代に...」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/04/08
No image

【写真:Getty Images】

日本サッカー協会(JFA)は8日、中村憲剛氏をロールモデルコーチとして迎えたことを発表した。

ロールモデルコーチは、昨年9月に元日本代表の内田篤人氏が就任した役割。若年層の強化および普及にかかわる活動に参加していくことになる。JFAは「中村氏の持つ経験、知見を後進の育成に当ててもらいます」とし、「直近の活動として来週12日(月)から高円宮記念JFA夢フィールドで始まるU-17日本代表候補トレーニングキャンプに参加します」と報告した。

中村氏は「このような貴重な機会をいただき、嬉しく思います」とコメント。「自分が幼い頃から40歳で引退するまでに培ってきた経験を、アンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、これからの日本の未来を担うであろう若い世代に伝えていけたらと思っております」と意気込みを述べた。

また、反町康治技術委員長は中村氏のキャリアを称えた上で、「代表選手としてはもちろん、プロサッカー選手としてのピッチ内外の振る舞いを若い選手たちに身を持って示してほしいと思います」と期待を寄せている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加