阪神 執念白星で首位ヤクルトとのゲーム差2に 九回2死、伏兵板山が決勝打

阪神 執念白星で首位ヤクルトとのゲーム差2に 九回2死、伏兵板山が決勝打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/15
No image

9回、勝ち越し適時打を放った板山はガッツポーズ(撮影・田中太一)

「巨人0-3阪神」(14日、東京ドーム)

阪神が土壇場で勝ち越し、価値ある1勝。首位ヤクルトとのゲーム差を2とした。

均衡を破ったのは引き分け目前の九回、2死だった。途中出場の板山が2死一、二塁からビエイラから右翼フェンス最上部に直撃する二塁打。勢いそのままに木浪も左翼へ2点適時二塁打を放ち、土壇場で3点を奪った。

ヤクルトが引き分けたため、優勝マジックは7となったが、価値ある白星。中5日の登板となった高橋は7回1安打無失点で11奪三振と圧巻の投球を披露した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加