「虎杖」はなんと読む? 意味や花言葉、名前の由来、英語表現を紹介

「虎杖」はなんと読む? 意味や花言葉、名前の由来、英語表現を紹介

  • Domani
  • 更新日:2022/01/15

生薬としても知られ、あの人気アニメの主人公の名前としても知られる「虎杖」ですが、皆さんはこの漢字読めましたか? 今回は、漢字の読みから意味、花言葉、名前の由来、英語表現まで合わせてご紹介していきます。

【目次】

「虎杖」の意味や読み方とは?

「虎杖」の花言葉とは?

「虎杖」は食べられる?

『呪術廻戦』というアニメの、主人公の名前にも

英語表現とは?

最後に

「虎杖」の意味や読み方とは?

まずは「虎杖」の意味や読み方、名前の由来など、基本的な知識からチェックしていきましょう。

■意味や読み方

No image

「虎杖」は「イタドリ」と読み、タデ科の植物のひとつで、道端や土手など、比較的身近な場所で見ることのできる多年草。多年草というのは、一年草や二年草と比較して、長く開花・結実のサイクルを繰り返す植物のグループです。

見た目は、節がたくさんあり、楕円形に近い形の葉を持ち、8月から10月にかけては、白い花を咲かせます。種は風に運ばれ、アスファルトの隙間からでも発芽するほど、繁殖力が旺盛。深い地下茎を持ち、駆除に苦労している話もよく耳にする、強靭な雑草です。

■名前の由来

「虎杖」の名前の由来は、節に虎の縞模様のような柄が見られることにあります。また「虎杖」の葉には、咳止めや止血に効果があるとされ、痛みを取ることから、「イタドリ」と名付けられたという説も。このような理由から、「イタドリ」の書き方は、「虎杖」の他、「疼取」とされることもあります。

■どんな効能がある?

No image

「虎杖」の葉には咳止めや止血効果がありますが、根にはまた別の効果も。

晩秋から冬にかけて採取して乾燥させた根は生薬にも利用され、「虎杖根(コジョウコン)」と言います。利尿効果があり、特に膀胱炎や膀胱結石の治療に効果があるとされていますが、他にも、便秘やリウマチ、消化不良、婦人病、喘息など、幅広く使われます。

江戸時代には「虎杖」の根茎を甘草と一緒に煎じて、夏の飲み物としていたようです。この場合、渇きを取るという効果が期待されていました。

「虎杖」の花言葉とは?

葉や根が生薬として使われる「虎杖」ですが、夏から秋に小さな白い花を咲かせ、花言葉も存在します。ここでは、「虎杖」の2つの花言葉を紹介しましょう。

1:回復

「虎杖」の葉には止血効果があり、「疼取」とも表されるように痛みを取ることから、「回復」という花言葉が付けられたと考えられています。

2:見かけによらない

「虎杖」のガクに包まれた実が、花のように美しいことから、「見かけによらない」という花言葉がつけられたと言われています。

「虎杖」は食べられる?

雑草でもあり、生薬としても使われる「虎杖」は、食べられる草なのでしょうか? 実際には、他の山菜と同じように、天ぷらにして食べられることがあります。使う部位は穂先で、天ぷらにすることによって、独特のアクが消え、美味しく食べることができます。

春に生えてくる若い茎は、タケノコやアスパラガスのような見た目で、山菜として食されます。地域によって、「スカンポ」、「ゴンパチ」、「サシボ」などと呼ばれることも。

「虎杖」を山菜として食する地域では、4月から5月にかけて、道の駅や野菜の直売所などに並ぶことがあります。アクが強く、ほうれん草と同じくシュウ酸が含まれているため、アク抜きをしてからのほうが美味しく安心していただけるでしょう。アク抜きには、お湯を沸かして塩を一つまみ入れて茹で、一晩水にさらす方法や、塩もみしてしばらく放置し、水にさらす方法などが一般的です。

また、「虎杖」の新芽でジャムを作ることもできます。使う新芽は葉が開く前のものを選びましょう。葉が開いてしまうと固くなるからです。「虎杖」のジャムは爽やかな味で、パンに塗って食べることも。オリーブオイルやお酢と合わせて、さっぱりとしたドレッシングにもでき、適度な酸味が楽しめます。

他にも、検索すれば、「虎杖」を食用としている地域の人々のレシピが数多く見つかります。実際に生活に取り入れている人の調理方法なので、実践的で、参考になるでしょう。

『呪術廻戦』というアニメの、主人公の名前にも

No image

「虎杖」の読み方が「イタドリ」と広く知られるようになったのは、人気アニメ『呪術廻戦』の影響が大きいと言えます。

ひょんなことから、主人公は、呪いの化け物に襲われる先輩を救うために、特級呪物である「両面宿儺(りょうめんすくな)の指」を飲み込んでしまいます。これを機に、もともと並外れた身体能力を持つ主人公は、呪術高専に入学し、呪術師として生きることになります。
※両面宿儺:呪いの王

呪術高専の生徒らは、それぞれ呪いに関する能力を持っているのですが、普通の高校生だった主人公には呪いの能力はありません。ですが、特級呪物の「両面宿儺の指」を飲み込むことによって、「宿儺の器」となったのです。

この『呪術廻戦』の主人公の苗字が、「虎杖」なのです。これまで「虎杖」の読み方がわからなかった人も、主人公の名前が「虎杖悠仁(いたどりゆうじ)」であることから、読めるようになったということがあるようです。

植物の「虎杖」は、世界の「侵略的外来種」ワースト100に指定されている植物。主人公の「虎杖」の名の由来は、この「侵略的外来種」に由来しているのではないかという、面白い見方もできます。

ちなみに、2021年12月から公開の『劇場版 呪術廻戦 0』は、虎杖悠仁が「両面宿儺の指」を飲み込む前のお話で、乙骨憂太(おっこつゆうた)を主人公とした内容です。メインストーリーの主人公である虎杖悠仁の話ではないとは言え、絶大な人気を誇るキャラクターである五条悟(ごじょうさとる)やパンダ先輩らの活躍が見られるので、以前からの『呪術廻戦』ファンも、新たに『呪術廻戦』を見る人も、双方楽しめる内容です。

英語表現とは?

植物の「虎杖」の英語名は「Fallopia japonica」です。東アジア原産で、日本、台湾、朝鮮半島、中国などに分布しています。「虎杖」はヨーロッパでは困った外来種。イギリスでは「虎杖」の天敵「イタドリマダラキジラミ」を輸入して駆除するほどに繁殖が広がっているようです。

最後に

土手や道端に自生している「虎杖」。名前は知られていなくても、おそらく誰しも一度は目にしたことがある雑草です。ですが、旬を知り、上手に調理することによって、食用として利用することもできます。今まであまり注目されなかった身近な雑草が、まさかアニメで注目され、読み方が知れ渡ることになるとは、面白いですね。

こちらの記事もおすすめ

「百日紅」はなんと読む? 植えてはいけないって本当?
「啓蟄」←この漢字読めますか?季節の移り変わりを示す言葉を詳しく解説

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加