NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
TVアニメ「月とライカと吸血姫」アルボアニメーションの制作で10月放送開始決定!

TVアニメ「月とライカと吸血姫」アルボアニメーションの制作で10月放送開始決定!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/07/20
No image

TVアニメ「月とライカと吸血姫」キービジュアル (C) 牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

TVアニメ「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」が10月からテレビ東京、BS日テレ、サンテレビ、KBS京都で放送スタート! キービジュアル、主題歌情報、追加スタッフ情報などが一挙解禁されました。

林原めぐみさんが演じるイリナ・ルミネスク

アニメーション制作はアルボアニメーション、音楽はゲーム「クロノ・トリガー」や「ゼノブレイド2」他、アニメ「黒執事 Book of Circus」でも知られる光田康典さんが担当します。

OPテーマはALI PROJECTの『緋ノ月』、EDテーマはChimaさんの『ありふれたいつか』に決定しました。『緋ノ月』は10月20日(水)にシングルがリリースされ、『ありふれたいつか』は10月27日(水)にリリースされるChimaさんのミニアルバム「nest」に収録されます。

「月とライカと吸血姫」は、宇宙開発競争が繰り広げられる世界で吸血鬼の少女と人間の青年が種族の壁を越えて共に宇宙を目指す姿を描く人間ドラマです。キービジュアルには、林原めぐみさんが演じる吸血鬼イリナと内山昂輝さんが演じる監視役の青年レフを中心に、彼らの物語を彩るキャラクターたちが描かれています。

著・牧野圭祐さん、イラスト・かれいさんによる原作ノベルは、小学館 ガガガ文庫から第6巻まで発売されています。

【イントロダクション】

人類史上初の宇宙飛行士は、吸血鬼の少女だった――世界大戦の終結後、世界を二分する超大国、東のツィルニトラ共和国連邦、西のアーナック連合王国は、その領土的野心を宇宙へと向けた。両国は熾烈な開発競争を繰り広げ、そして今――東歴1960年。共和国連邦最高指導者ゲルギエフは、成功すれば人類初の快挙となる有人宇宙飛行計画『ミェチタ(夢)計画』を発令する。そんな折、宇宙飛行士候補生の補欠、レフ・レプスは、ある極秘任務を命じられる。『ノスフェラトゥ計画』――有人飛行に先立つ実験として吸血鬼を飛ばす計画――その実験体、イリナ・ルミネスクを24時間監視し、訓練で鍛えろというのだ。レフとイリナ、人間と吸血鬼、監視役と実験体――種族の壁や国家のエゴに翻弄されながらも、宇宙への純粋な想いを共有し、2人は共に宇宙を目指すこととなる。

■イリナ・ルミネスク

吸血鬼の少女。人々に「呪われし種族」として扱われ、人間を毛嫌いしている。ある理由から月へ行く強い意志を持ち、宇宙飛行士を目指す。

■レフ・レプス

空軍中尉。子供の頃から空を飛ぶことに憧れを抱き、宇宙飛行士候補生に志願した。正義感が強く、理不尽なことにはつい反発してしまう性格。

■アーニャ・シモニャン

生体医学研究所所属の研究員。吸血鬼の生態研究を専門としており、イリナの医学的データのチェックを担当する。そのため、イリナを恐れず、友好的に接する。

■ミハイル・ヤシン

宇宙飛行士候補生。空軍中尉。家柄もよくハンサム。成績は常にトップで、リーダー的役割を果たしている。自他ともに認める、宇宙飛行士最有力候補。

■ローザ・プレヴィツカヤ

宇宙飛行士候補生唯一の女性。空軍中尉。"サングラードの白薔薇"と称えられた、元エースパイロット。負けん気が強く、周囲の候補生にも厳しくあたりがち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加