【菊花賞展望】コントレイル不動の中心

【菊花賞展望】コントレイル不動の中心

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

▽その他の登録馬 抽選対象(表中の※4頭を含む賞金1500万円の6頭中4頭が出走)=ココロノトウダイ57、ディアマンミノル57 除外対象(繰り上がり順)=(1)サトノゴールド57(2)アイアンバローズ57(2)イロゴトシ57(2)エンデュミオン57(2)コロンドール57(2)トウカイデュエル57(2)ヒートオンビート57(2)ラインハイト57(9)タイセイモンストル57 ※騎手は想定

「菊花賞・G1」(25日、京都)

史上3頭目の無敗クラシック三冠を狙うコントレイルが不動の中心だ。秋初戦の神戸新聞杯を、余力を残しつつ完勝。その後の調整も順調そのもので、福永は「体の使い方が良くなって、それが精神的なゆとりにつながっています。神戸新聞杯の反応の速さは春にはなかったもの。トモの使い方も良くなっています」と力強い。偉業達成に向けて、視界は良好だ。

ヴェルトライゼンデが、虎視たんたんと逆転を狙う。ダービー3着後に骨折が発覚。直前の熱発で予定していたセントライト記念から1週スライドする誤算もあったが、それでも神戸新聞杯2着で地力を証明した格好だ。池江師は「使った上積みはありそう。折り合いはつくので距離もいい」と条件変わりを歓迎する。

セントライト記念で重賞連勝を飾ったバビットも勢いに乗っている。前走は距離延長に加え、相手も強化されていたが、物ともせずに快勝。スタミナもあり、マイペースで運べれば5連勝でのG1初制覇の可能性も十分だ。2着サトノフラッグ、3着ガロアクリークも春の雪辱を果たすべく、さらに状態を上げてきている。

神戸新聞杯4着のディープボンドは、京都新聞杯で重賞初制覇した淀が舞台なら前進は必至。神戸新聞杯で3着に入り、出走権を獲得したロバートソンキーや、ダービー4着馬サトノインプレッサも出走すれば怖い一頭。3連勝の上がり馬で武豊騎乗のアンティシペイトや、ルメール騎乗のアリストテレスも、抽選を突破すれば上位争いに加わってくる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加