『婚姻届に判を捺しただけですが』スマホアプリでキュンとしたらボタンをプッシュ!

『婚姻届に判を捺しただけですが』スマホアプリでキュンとしたらボタンをプッシュ!

  • ジェイタメ
  • 更新日:2021/10/14
No image

TBSで、10月19日(火)よる10時から火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』がスタートする。本作は、偽装結婚をテーマにした“不意キュン”必至のラブコメディドラマ。清野菜名がTBSの火曜ドラマ枠で初ヒロインを務め、その相手役を坂口健太郎が務める。

彼氏はいないけど、一緒に飲んでくれる友達はいる。そして、仕事はやりがいがあって、めちゃくちゃ楽しい! と独身を謳歌している27歳の大加戸明葉(清野菜名)。とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、出会ったばかりの明葉に偽装結婚を申し込む、広告代理店勤務の30歳サラリーマン・百瀬柊(坂口健太郎)。突拍子もないプロポーズに、はじめは突っぱねた明葉だったが、ひょんなことから偽装妻に。即席の偽装夫婦が見つける、“本当の夫婦の形”とは!?

このたび、火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』では、放送中に楽しめる新たなコンテンツ「キュンボタン」がスタートする!
今回が初の試みとなる「キュンボタン」は、ドラマ公式サイト上にある「キュンボタン」ページにスマートフォンからアクセスし、リアルタイムで視聴しながら、「キュン」としたシーンでボタンを押して楽しめるゲーム的感覚のコンテンツである。放送中は何度でもボタンを押すことができ、自分がボタンを押した回数と参加者全員の総数が見られる。そして、「キュンボタン」の押された回数は集計され、「瞬間最高キュン数」としてリアルタイムでレポート。最も「キュン数」が高まった瞬間にはスペシャル演出も! さらに、Twitterシェアアイコンがあり、自分のTwitterアカウントで共有したり、つぶやくこともできる。

また、放送後にはどのシーンで一番「キュン」としたかをグラフ化、視聴者による評価をシーンごとに振り返ることもできる。

本日より「キュンボタン」の説明サイトがオープン。「キュンボタン」の試し押しもできる。
新コンテンツ「キュンボタン」は、10月19日(火)『婚姻届に判を押しただけですが』の放送開始と同じよる10時からスタート! 清野菜名と坂口健太郎による不意キュン必至の偽り夫婦ラブコメディを見ながら「キュンボタン」を押して盛り上がろう!

キュンボタンページhttps://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/fuiqyun/
番組公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/

■あらすじ
大加戸明葉(清野菜名)は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。夢だったデザイナーの職について仕事が楽しく、同僚との関係も良好。いつか独立して広告で賞を取ることを目標に、やりがいを感じる日々を過ごしている。恋愛経験はそれなりにあるが、これまで付き合ってきた彼氏がダメ男ばかりで、結婚を意識した相手は過去に1人もおらず、現在彼氏はいない。しかし、学生時代からの友人など一緒に飲んでくれる友達はおり、「生涯独身上等、おひとり様最高!」と独身を謳歌していた。
そんなある日、明葉は飲み会で出会ったばかりの男性から突然プロポーズされる。初対面の明葉にプロポーズしたのは、広告代理店「秀伝堂」の社員・百瀬柊(坂口健太郎)。外見は良く仕事に対しても真面目で、上司や部下、そしてクライアントからの信頼も厚い男だ。
しかし、百瀬は訳あって偽装結婚する相手を探していた。そして飲み会で「結婚は向いてないし、したくない。でも祖母が結婚してほしがっている」という明葉と出会った百瀬は、偽装結婚の相手として明葉に狙いを定めたのだった。
突拍子もない電撃プロポーズに、はじめは「ありえない! バカにしてるんですか!?」と突っぱねた明葉だったが、祖母が大事に営んできた小料理屋がつぶれる危機に! 心臓に持病のある祖母をがっかりさせたくない明葉は、小料理屋を存続させるため婚姻届と引き換えに百瀬から500万円を借り、百瀬の偽装妻になる。
百瀬は堅物で変人のこじらせ男だった。共同生活が始まり、衝突する2人。しかし明葉は百瀬が見せるちょっとした優しさに心惹かれていく・・・。そして次第に分かっていく、百瀬が偽装結婚をする本当の理由・・・。一つ屋根の下で暮らすうちに、2人に変化が生まれていくのか・・・!?

■番組概要
[タイトル]火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』
[放送日時]10月19日スタート
毎週火曜 よる10:00~10:57
(初回は15分拡大 よる10:00~11:12)

©TBS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加