尾上松緑の新作歌舞伎が2カ月連続で上演決定

尾上松緑の新作歌舞伎が2カ月連続で上演決定

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/09/19
No image

令和4年10月歌舞伎座『荒川十太夫』で荒川十太夫を演じる尾上松緑ⓒ松竹

歌舞伎俳優、尾上松緑(48)主演の新作歌舞伎が今年12月、来年1月に東京・銀座の歌舞伎座で上演することが19日、分かった。松竹が発表した。

両作とも講談から誕生した新作歌舞伎。赤穂浪士の討ち入りのあった12月には討ち入り前夜の物語である「俵星玄蕃」を新作で、1月は討ち入り後を描き、昨年10月に上演され好評を博した「荒川十太夫」を再演する。

自身初の新作歌舞伎になった「荒川十太夫」は人気講談師、神田伯山(40)の師匠で人間国宝の神田松鯉(80)の口演を歌舞伎化。「文化庁芸術祭賞・芸術祭優秀賞」を受賞した。

松緑は「再演が叶い、友人であり尊敬している神田伯山先生との約束が一つ果たせたこと、うれしく思います。また、伯山先生からご縁をつないで頂き台本協力など、さまざまなお教え、お力添えをたまっている神田松鯉先生には言葉では言い尽くせない感謝の念で一杯です。二作品の毛色の違いを出して行けたらと計画中です。話は続いておりますので二夜連続ドラマとして見て頂ければ幸いと思っております」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加