症状セルフチェック!朝から眠い...体のだるさが残る...という人必見!原因を疲労研究の権威が解説

症状セルフチェック!朝から眠い...体のだるさが残る...という人必見!原因を疲労研究の権威が解説

  • ハルメク365
  • 更新日:2022/09/23

朝起きて、何だかだるくて体が重い、疲れが抜けない……。そんな「なんとなくのだるさ」や「疲れ」は病気につながることも。疲れをスッキリさせる習慣を“疲労研究の権威”に全3回で教わります。今回は症状のセルフチェックと、疲れの原因についてです。

No image

教えてくれたのは梶本修身(かじもと・おさみ)さん

No image

1962(昭和37)年生まれ。東京疲労・睡眠クリニック院長。医師・医学博士。大阪大学大学院医学研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。近著に『疲労回復の名医が教える 誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法』(アスコム刊)などがある。

【セルフチェック】その症状、実は疲れのサインかも……

No image

はじめに、次の症状で当てはまるものをチェックしてみましょう。一つでも当てはまる人は要注意です!

●朝起きたときにだるさを感じる
●起床後4時間以内に眠くなる
●布団に入って5分以内に眠ってしまう
●バスや電車でうたた寝をしてしまう
●お風呂に入るとすぐのぼせる
●物忘れやうっかりミスが増えた
●いつもなら楽しみなことが億劫に感じる
●好きな趣味でも飽きやすく集中力が続かない

起床して4時間後は、最も覚醒度が高い時間帯。この時間に眠くなるのは、疲れが抜けていない証拠だと言います。また、自律神経の機能が落ちると、体温調整が機能せず、のぼせやすくなります。

朝からだるい&疲れの原因は自律神経の“サビ”!

No image

年齢を重ね「体が疲れやすくなった」という声をよく聞きます。しかし「実際に疲れているのは体ではない」と、疲労医学を専門とする東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身さんは言います。

「疲れの原因は、実は脳の中にある“自律神経の疲れ”です。自律神経には、体を活発に動かす際に働く交感神経と、安静時に働く副交感神経があり、相互に働いて心拍や発汗などを調整しています。

しかし運動や環境の変化、ストレスなどによって交感神経の緊張状態が続くと、自律神経の中枢が消耗します。

それを食い止めるため、自律神経は眉間付近にある眼窩前頭野(がんかぜんとうや)に信号を送り、これ以上、体を動かさないよう『体が疲れた』と錯覚をさせます。疲れは、自律神経からのSOSなのです」と梶本さん。

■年齢とともに自律神経の機能は低下!

No image

出典:東京疲労・睡眠クリニック

問題は、自律神経は非常に老化が早いということにもあります。自律神経の機能は、50代で20代の3分の1にまで低下します。加齢によって疲れやすくなるのは、単に筋肉の老化だけでなく、自律神経の老化が進むからです。

「自律神経が活動すると、活性酸素が発生し、細胞が酸化して“サビて”しまいます。その繰り返しによって自律神経の機能が低下し、疲れを感じやすくなります。サビきった自律神経の回復は難しく、普段から極力『自律神経を疲れさせない』ことが大事」と梶本さんは言います。

自律神経の疲れが長期化すると“病気のタネ”に

No image

自律神経を疲れさせる要因はさまざまなことが考えられますが、コロナ禍で増えているのが“精神的ストレス”だそう。

「新型コロナウイルスへの感染の不安に加え、夫が家にいて生活リズムが狂う、一人の時間が持てない、など“自分の領域”を失ったストレスが顕著です。これは運動由来の疲労などと違って自覚しにくいです。

自覚なしに疲れが蓄積していくと、頭痛やめまいなど自律神経失調症に見られる不調が現れ、長期化すると、認知症や生活習慣病、がんなどの発症リスクにつながります」と梶本さんは注意喚起をします。

■自律神経の疲れでまず起こる症状は……

No image

●全身の倦怠感
●注意力、意欲の低下
●頭痛、めまい

【疲れを放置すると発症リスクがある病気】
●認知症
●生活習慣病
●がん

疲れが長期化すると、全身のだるさや頭痛、めまいなどの症状が現れます。さらに、免疫力の低下、血管の老化も進み、認知症や生活習慣病、がん発症のリスクも高まります。

そうした“病気のタネ”を一掃するために、次回からは自律神経を消耗させない方法を「睡眠」と「生活習慣」に分けて紹介していきます。

取材・文=新井理紗(編集部) イラストレーション=山村真代
※この記事は雑誌「ハルメク」2021年11月号を再編集し、掲載しています。

■もっと知りたい■

【次回】だるさ&疲れをとる!睡眠の質を上げる5つのコツ

雑誌「ハルメク」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加