「ワキガのニオイを手術で消したい」 強烈な体臭に悩む男性に自己防衛おじさんが「もったいない」と告げる理由

「ワキガのニオイを手術で消したい」 強烈な体臭に悩む男性に自己防衛おじさんが「もったいない」と告げる理由

  • Jタウンネット
  • 更新日:2021/05/02
No image

職場の人間関係や恋愛相談、身体のコンプレックスから性の悩みまで――。読者から寄せられた多種多様な悩みを、「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんが、真摯かつユーモラスに回答していく。

今回の相談は、「ワキガ」に関するお悩み。徳島県在住の運送業・K男さん(30男性)からの投稿だ。

とにかく汗っかきで、脇から放たれる強烈なニオイに頭を抱えている彼。自分の臭さを自覚し、デオドラントスプレーなどで対策をとるも効果なし。

暑い時期を迎えるのが、心配――。ワキのニオイを気にしない生活を送りたいと願うK男さんに、自己防衛おじさんはどんなアドバイスを送るのだろうか。

「人間は慈悲深い生き物でもあります」

読者のお悩み

私の悩みはワキガで、汗をかくと非常にニオイがキツイことです。

汗かきである私は夏になるとワキガがバレるのではないかと心配になります。

自分でも私のワキのニオイは強烈で、スプレーなどはしますが、まったく効果はありません。

真剣にワキガの手術によりまったくワキをきにしない生活を送りたいです。

自己防衛おじさんの回答

残念ながらワキガは隠しきれません。

ほのかに香るか、強烈に香るか。

どちらにしても周りに気付かれています。

ところが人間は慈悲深い生き物でもあります。気を使って言わないでいてくれる、それとなくその場を離れてくれるなど、優しさに囲まれながらあなたは生活しているのです。

治すには手術一択。完全に臭いがゼロになるのかはわかりませんが、いまよりニオイは軽減されることでしょう。

しかし、人というのは実は動物的な側面しっかり持ち合わせています。人が人と接点を持つまでにいたるには、そもそもニオイで自分に合う合わないを判断しているという説もあるくらい、無意識にニオイつまり「フェロモン的要素」で人は惹かれ合っていることもまた事実なのではないでしょうか。

ご自身が持って生まれた体臭もまた個性。

それを手術で消してしまうのは、どことなくもったいない気もします。

ご自身でも気付いているその強烈なニオイを好いてくれる稀有な存在もまた、広い世の中には存在するはずです。

さらにワキガを治しても別の側面でコンプレックスが出てきてしまい、あれもこれもと際限が無くなる可能性も捨てきれず、自分磨きの度が過ぎる「美容外科ジプシー」にならないかとやや心配でもあります。

あまりにも気になるなら一度カウンセリングを受けてみることをおすすめしますが、その際必要のない不要不急の手術まですすめてくるクリニックには十分注意して、自己防衛してくださいね。

Jタウンネットでは、読者の「お悩み」を募集しています。読者投稿フォーム公式ツイッターのダイレクトメッセージもしくはメール(toko@j-town.net)で、悩みの具体的な内容(200字程度)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加