16歳差の1発 DeNA牧11号「自分もつなごうと」39歳西武内海から

16歳差の1発 DeNA牧11号「自分もつなごうと」39歳西武内海から

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

西武対DeNA 4回表DeNA無死一塁、牧は右越え2点本塁打を放つ(撮影・浅見桂子)

<日本生命セ・パ交流戦:西武-DeNA>◇10日◇メットライフドーム

DeNAルーキー牧秀悟内野手(23)が11号2ランを放った。

3点を追う4回無死一塁、高めの球を右中間スタンドへ運んだ。「打ったのはチェンジアップだと思います。しっかり捉えることができました。ソトさんが出てくれたので、良い流れにしようと自分もつなごうという気持ちでした。とにかくつないで、つないでです」。39歳の西武内海からの本塁打は、巨人井納の35歳を抜いて最大年齢差(16歳差)の1発となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加