秋葉原通り魔事件から13年。あの頃よりも生きづらくなった日本の病理

秋葉原通り魔事件から13年。あの頃よりも生きづらくなった日本の病理

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2021/06/10
No image

2008年6月8日に発生し、日本中に衝撃を与えた秋葉原通り魔事件。犯人が無差別殺人に走った要因のひとつに、「派遣社員」という身分があったのではないかとする声もありましたが、あれから13年が経った今、状況は改善されたのでしょうか。今回のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』では著者で健康社会学者の河合薫さんが、依存する人間を切り捨てる風潮の強い現在は、むしろあの頃より不健全な社会になってしまっていると分析。その上で、国民の方向を見ない「政治屋」ばかりの日本にどんな未来があるのかと、悲観的な質問を投げかけています。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

時事ネタ社会問題に鋭く切り込む河合薫さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

秋葉原通り魔事件13年後の「社会の変化」

2008年、当時25歳で派遣社員だった男が、秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、人をはね、持っていたダガーナイフで無差別に歩行者を切りつけた「秋葉原通り魔事件」。7人が死亡、10人が重軽傷を負った「あの日」から13年が経ちました。

殺人罪などに問われた男は、15年2月に上告が棄却され、1、2審の死刑判決が確定しています。

この事件は白昼の繁華街で起きたことから、誰もが「自分がそこに居合わせた可能性」に震え、日本中が恐怖に包まれました。その一方で、男のSNSでの書き込みや思考に一定の「共感」を示す人たちが少なからずいたのも事実です。

世間やマスコミの関心は男の「派遣社員」という身分に集まり、負け組、社会的孤立、学歴、容姿への自己評価にスポットをあて、男の「誰かに認められたい」という欲望が満たされずに犯行に至ったのではないか、という議論が展開されました。

「誰でもいいから殺したかった」という自己中心的な犯行動機で、他人の命を奪うなど、絶対に許すことなどできません。しかしながら、当時はリーマンショックで派遣切りが社会問題化していたことも重なり、「氷河期世代のテロ」とも言われました。

あの頃は、非正規、契約社員、派遣切り、など、「正社員」という身分から切り離された雇用形態への関心が高かった。「格差」という2文字に誰もが反応した。「賃金格差を許すな!」「雇用の調整弁にするな!」という怒りが、社会のあちこちに渦巻いていました。

思えば…あの頃は健全だった。「おかしいことはおかしい」と怒りを露わにする空気が、社会にあふれていたように思います。

しかし、今はどうでしょうか。“こちら側”にくい止まっている人は、“あちら”を見ようとせず、“あちら側”でなんとか生き抜いている人たちでさえ、「自分は自分でがんばってなんとかした。社会に期待するな!」と依存することを嫌うようになってしまった。そう思えてなりません。

コロナ禍で、誰もが自分のことで精一杯で。他者を思いやる余裕がなくなった?そう捉えることもできます。

時事ネタ社会問題に鋭く切り込む河合薫さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

しかし、度々書いているように、依存と自立は対極にあるわけじゃないのです。自立とは依存の先にこそあり、唯一無二の「自立」などこの世に存在しません。誰もが、何かに、誰かに依存している。自分の知識や能力と信じているものでさえ、他者が深く関係し、支えられている。なのに、それを認めない。依存する人=弱い人、ダメな人。そうやって切り捨てる社会が、今、ここにある。

菅首相が「自助、共助、公助」と順序をつけたことについても、「批判している人は間違っている」「社会の自然なあり方」などという意見が散見されました。

誰もが同じスタートラインにいるならまだしも、そうではないのです。家族がいて当たり前、家があって当たり前、明日の生活を心配しなくて当たり前の社会ではなくなっているのに、いまだに「幻想」にかられた社会のカタチで動き続けている。

「本当の意味での国民経済とは何であろうか。それは、この日本列島で生活している1億2,000万人が、どうやって食べどうやって生きて行くかという問題である。その1億2,000万人が、どうやって雇用を確保し、所得水準を上げ、生活の安定を享受するか、これが国民経済である」

これは大蔵官僚時代に「所得倍増計画」を立案し、高度成長の政策的基礎のプランナーとして活躍したことで知られる下村治さんの言葉です。

下村さんは、石油ショック以降は「安価な資源が無制限に安定供給されるという『成長の基盤』はもはやなくなった」と喝破し、ゼロ成長論を唱えた経済学者でもあります。

国民経済とは何か?政治家とは誰の、何を、どこを見て、どう政策を立案し、動くべきなのか?かっこたる政治哲学をもたない政治屋が大手をふるっている社会に、どんな未来があるのでしょうか。

みなさんのご意見、お聞かせください。

時事ネタ社会問題に鋭く切り込む河合薫さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

image by:Carpkazu,CC BY-SA 3.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

MAG2 NEWS

河合 薫『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加