NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
松坂桃李「役所さんからもらったライターをお守りのように」 鈴木亮平「こんなに攻めてばかりの役はこれまでなかった」

松坂桃李「役所さんからもらったライターをお守りのように」 鈴木亮平「こんなに攻めてばかりの役はこれまでなかった」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2021/07/21
No image

松坂桃李(左)と鈴木亮平

映画『孤狼の血 LEVEL2』完成披露プレミアイベントが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、鈴木亮平、西野七瀬、斎藤工、早乙女太一、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎ほかが登壇した。

【写真】(左から)西野七瀬、早乙女太一、中村獅童

前作『孤狼の血』(18)の3年後をオリジナルストーリーで描く本作。殉職した先輩刑事・大上(役所広司)の“血”を受け継いだ日岡(松阪)は、街の平和のために大上に代わって裏社会を取り仕切るが、上林組組長・上林成浩(鈴木)の登場によってその秩序が崩れていく。

松坂は「前作から3年たった設定ですが、実際に撮影から3年たっていた。前作で(大上が使用した)ライターを役所さんから本当にもらったんです。そこから個人的にお守りのように持っていて、今回はその温めた3年分の思いを全部ぶつけようと思って臨みました」と語った。

一方、鈴木は「どうやって日岡を追い詰めるか。ある種、ずっと攻めの芝居だったので、悪役としての醍醐味(だいごみ)と言いますか、こんなに攻めてばかりの役はこれまでなかったと思います」とコメント。

極悪人を演じるのは、「正直、キツい部分の方が大きかった。やはり人の命をそうする以上、こちらも無事でいられないというか、(精神的に)削られていく部分もあったので。でも、それはこの役を演じる上での責任、しょうがないところだと思ってやっていました」と明かした。

その“非道ぶり”を指摘されると、「何でそんなことをするんだろうと考えると、どんどん人間の負の部分を掘っていけなければいけない。そういうことを考えている時点でどんどん(気持ちを)持っていかれる。そんな中でも、上林組のメンバーが明るかったので、撮影では結構助けられました」と振り返った。

映画は8月20日から公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加