R・マドリーにまたも緊急事態...バラン負傷でCLチェルシー戦欠場へ

R・マドリーにまたも緊急事態...バラン負傷でCLチェルシー戦欠場へ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/03
No image

レアル・マドリーは3日、DFラファエル・バランが右足外転筋の損傷と診断されたと発表した。5日に予定されているUEFAチャンピオンズリーグ準決勝チェルシー戦に出場できないとみられる。

バランは1日に行われたラ・リーガ第34節オサスナ戦(○2-0)でハーフタイムに途中交代していた。スペイン『マルカ』紙は負傷と新型コロナ感染から回復したDFセルヒオ・ラモスが復帰する可能性を指摘しつつも「バランの負傷は最悪の瞬間。近年で最もエキサイティングなリーガの終了まで、またマドリーをCL決勝に導く前夜までわずか3週間だ」と深刻視している。

R・マドリーでは今季、負傷や新型コロナ感染による離脱者が続出。一時はトップチーム所属選手が12人しかいないという窮地に追い込まれ、現在もDFマルセロ、DFダニエル・カルバハル、MFフェデリコ・バルベルデらが戦線を離れている。

●ラ・リーガ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加