日大三島(静岡)悲願の甲子園夏1勝ならず...国学院栃木に逆転負け

日大三島(静岡)悲願の甲子園夏1勝ならず...国学院栃木に逆転負け

  • LOOK 静岡朝日テレビ(ニュース)
  • 更新日:2022/08/06

夏の甲子園。日大三島は開幕試合で国学院栃木と対戦しました。

No image

日大三島は2回、先頭で4番エースの、松永。インコースの難しいボールをうまく捉え、スリーベースヒットとチャンスを作り、続く・5番の野口のレフトへの犠牲フライで、松永がホームイン。日大三島が1点を先制します。さらに4回にも、4番の松永が左中間を抜ける2ベースヒットで再び出塁。その後2アウトとなりますが、6番の永野、7番・綱島の連続タイムリーでリードを3点に広げます。

しかしその後、同点に追いつかれ、5回。日大三島は3本のヒットで満塁としたものの、4番の松永、5番・野口が連続三振に倒れ、勝ち越しのチャンスをものにできません。

[ 関連記事を読む - ニュース ]

その裏、日大三島エースの松永はランナー一塁で、国学院栃木の4番・平井にレフトの頭を越えるツーベースを打たれ、1塁ランナーが一気に生還。国学院栃木に勝ち越し点を奪われます。

その後リードを7点に広げられた日大三島。全員野球で挑みましたが3-10で敗れ、悲願の夏1勝は叶いませんでした。

LOOK編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加