NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
高崎健康福祉大高崎がリベンジ成功「2回負けるわけにはいかない」/群馬

高崎健康福祉大高崎がリベンジ成功「2回負けるわけにはいかない」/群馬

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

東農大二対高崎健康福祉大高崎 4回裏高崎健康福祉大高崎2死二塁、右翼へ先制適時打を放った桜井(左)は三塁へ頭から滑り込み、三塁打とする(撮影・古川真弥)

<球魂>

<高校野球群馬大会:高崎健康福祉大高崎6-0東農大二>◇22日◇準々決勝◇上毛新聞敷島

高崎健康福祉大高崎が春のリベンジに成功した。東農大二を下し4強進出。

今春県大会準々決勝では5安打完封負けを喫した左腕・黒岩を8回までに10安打6得点でKOした。4回に先制打を放った桜井歩夢内野手(3年)は「2回負けるわけにはいかない。絶対勝つと気持ちが入ってました」と胸を張った。

3年生の通算本塁打200本以上。「機動破壊」から強打のチームに脱皮したが、4番森川倫太郎外野手(3年)は「打撃が雑になっていた。ロングを狙い、ポンポンとフライが多くなった」と認める。春は黒岩の術中にはまった。この日も3回までは9アウト中6アウトがフライ。だが中盤(4~6回)1得点、終盤(7、8回)2本塁打含む5得点と尻上がりだった。

春敗退後に見直したのは打撃だけじゃない。走塁もだ。先制打の桜井は右翼フェンス直撃の当たりで「いつも次の塁を狙ってます」と頭から三塁へ滑り込んだ。追加点にはならなかったが、その姿勢がリベンジを生んだ。リベンジしたい相手は、まだいる。センバツ2回戦で完封負けした天理(奈良)達だ。「負けた映像を見返してます。みんなもそうだと思います。甲子園に忘れ物を取りに帰りたい」。あと2つ勝って、舞台に立つ。【古川真弥】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加