急な来客にも困らない! よけいな生活感が出ないアイテム選びのコツ

急な来客にも困らない! よけいな生活感が出ないアイテム選びのコツ

  • fumumu
  • 更新日:2022/08/06
No image

(Prostock-Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

生活をしている以上、室内から生活感を完全になくすのは難しいものですが、生活感ダダ漏れはさすがに恥ずかしいですよね。

そこで、fumumu取材班が、よけいな生活感が出ないコツについて、詳しい話を聞きました。

(1)生活用品のパッケージにこだわる

「よく使うもの、隠せないものは、インテリアにもなるパッケージを選ぶようにしています。

個人的なおすすめは、ラベルが英字表記されているものです。日本語のパッケージを減らすだけで、生活感が格段に減りますよ」(30代・女性)

関連記事:家事を楽しむことはできる? 気楽に生活するための3つのコツ

(2)100円均一の容器に入れ替える

「食器用洗剤やハンドソープなどは、100均の容器に入れ替えるだけで洗練されます。

できるだけデザインがシンプルな容器を選び、使う種類やカラーを統一することで、さらにクラスがアップして見えます」(30代・女性)

(3)ティッシュは無印良品一択

「生活感がにじみ出がちなティッシュは、カバーをつけたりケースに入れたりしてもしっくりこなかったのですが、無印良品が解決してくれました。

無印良品のティッシュは透明のビニール包装なので、置きっぱなしにしておいても生活感が出ません。

また、一般的な真っ白いティッシュと違って、ほんのりベージュがかった色をしているので、ナチュラルな空間を演出してくれます」(30代・女性)

(4)見せたくないものは木箱に入れて隠す

「生活感が出がちなリモコンやコード類は、蓋付きの木箱に入れて隠しています。

プラスチック系の箱は逆に安っぽく見えるし、生活感がにじみ出ている気がするので、避けたほうが無難です」(30代・女性)

(5)インテリアで迷ったら真ちゅう製

「インテリアで迷った時は、真ちゅう製を選んでおけば間違いありません。お値段以上に映えるし、畳のお部屋にもなじみます。

私は、鍵を置くためのトレイ、ミラー、一輪挿しなどを真ちゅう製にしているのですが、高確率で褒められます。

来客時に人目に触れそうなアイテムほど、真ちゅう製をおすすめします」(30代・女性)

よけい生活感がない空間は、生活の質も高めてくれそうです。

・合わせて読みたい→一人暮らしの部屋を過ごしやすく! 居心地のいい部屋づくりのコツ

(文/fumumu編集部・志都

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加