広島 連敗を4で止める 正随が1号3ラン 栗林は24セーブ

広島 連敗を4で止める 正随が1号3ラン 栗林は24セーブ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/16
No image

7回、逆転3ランを放って生還し、ナインの祝福に笑顔を見せる正随(撮影・立川洋一郎)

「中日3-5広島」(15日、バンテリンドーム)

広島が若鯉の活躍で連敗を4で止めた。

勝利の立役者は正随だ。1-3の七回1死一、二塁から福の初球直球を捉えて左翼席へ放り込んだ。1号3ランに「前の打席で1本出たことで少し楽な気持ちで(打席に)入ることができた。自分のスイングで捉えることができて良かった」と汗をぬぐった。

2試合連続「3番・左翼」としてスタメン出場。初の中軸起用に、前日14日は4打数無安打だった。この日も初回無死一、二塁では、三ゴロ併殺打に倒れていた。

それでも五回にプロ初の適時打となる右前適時打を放ち、鎖がほどけるとチームを救う一発を放って見せた。

ウエスタンでは、リーグ2位の11本塁打を記録している長距離砲。2安打4打点の活躍だった。

また、4-3の八回無死一、三塁で上本が放った右犠飛もナインを勇気づけた。

投手陣は先発の玉村が4回4安打3失点で降板。その後は島内、森浦、ケムナ、塹江とつなぎ、九回は栗林が締めた。

今月4日以来、中10日の登板となった守護神は24セーブ目を記録。永川(03年)が持つ、球団の新人最多セーブ記録25に、あと1と迫った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加