【ガーデニング】冬の庭に似合う「ホワイト&アイボリーの花」最強8選

【ガーデニング】冬の庭に似合う「ホワイト&アイボリーの花」最強8選

  • LIMO
  • 更新日:2022/11/25

清楚なたたずまいを愛でたい、多年草・一年草・低木

No image

純白やアイボリー、オフホワイトなど白系統の花を基調とするホワイトガーデンは、庭全体が清楚な雰囲気に包まれるのが魅力。

特に冬のホワイトガーデンは独創的な美しさがあり、憧れを抱くガーデナーも多いようです。

そこで今回は、冬の庭に似合う「ホワイト&アイボリーの花」をご紹介。ガーデニング初心者でも育てやすい植物をセレクトしましたので、ぜひ冬の庭づくりの参考にしてください。

【※注目記事】【ガーデニング】冬の庭がときめく。初心者でも育てやすい「多年草&一年草」最強6選

【写真でガーデニング】冬の庭に似合う「ホワイト&アイボリーの花」(クリスマスローズ・スイートアリッサムなど)

冬の庭に似合う!ホワイト&アイボリーの花最強8選

パンジー・ビオラ

No image

phanthit/istockphoto.com

秋から翌年の5月頃まで長期間花が楽しめる一年草・パンジーとビオラは、秋冬花壇には欠かせない植物。

花径が大きく華やかさがあるパンジーと、花径が小さく華奢で愛らしいビオラ、どちらもそれぞれの魅力で秋冬の庭を美しく飾ってくれます。

白単色はもちろん、白×ピンク、白×紫などの複色も揃っており、アイボリー系のニュアンスカラーも豊富。寄せ植えやハンギングバスケットにも使いやすく、幅広い楽しみ方ができる植物です。※参考価格:100~500円(3号ポット苗)

クリスマスローズ

No image

Steve Hamilton/istockphoto.com

凛とした佇まいから「冬の女王」「冬の貴婦人」とも呼ばれているクリスマスローズ。

晩秋から翌春にかけて開花する多年草で、うつむき加減のエレガントな花を咲かせます。

白花のクリスマスローズには真っ白やオフホワイト、花の中心が紅色になる品種など複数あり、一重咲きや八重咲きなど咲き方も豊富。地植えでも鉢植えでも育てやすい植物です。※参考価格:300~1000円(3号ポット苗)

清楚でエレガントなたたずまい「ガーデンシクラメン&プリムラジュリアン」

ガーデンシクラメン

No image

P.Ochasanond/istockphoto.com

秋から翌春にかけて上品な花を咲かせるガーデンシクラメン。鉢花用のシクラメンの耐寒性を強化し、屋外でも育てられるよう改良されて誕生した多年草です。

耐寒性が強くなったとはいえ、霜はやや苦手。鉢植えにして置き場所を変えながら管理するか、軒下などに植えるのがオススメです。

草丈が小さい品種や花びらの縁が波打つロココ咲きなど、豊富な品種が揃っています。※参考価格:400~800円(3号ポット苗)

プリムラ・ジュリアン

No image

Burning Bright/istockphoto.com

秋冬花壇を元気に彩ってくれるプリムラ・ジュリアン。秋から翌春まで開花する多年草ですが、暑さに弱いため日本では一年草扱いとなっています。

白花には単色や白×黄色の複色などがありますが、特に人気がある品種は「バラ咲きジュリアン」。

花びらの縁が緩やかに波打ち、オフホワイト~淡いグリーンの色をしたバラの蕾のような花を咲かせます。コンパクトな草丈なので、庭や花壇の前列に配置するのがオススメです。※参考価格:100~500円

冬の庭を品よくキュートに飾る「クレマチス&スイートアリッサム」

冬咲きクレマチス

No image

Barbara Gabay/istockphoto.com

品種によって開花時期が異なり、上手に植えると年間を通して花が楽しめるクレマチス。

秋から翌年の5月頃まで咲く冬咲きクレマチスは、ベル型をしたカワイイ花を下向きに咲かせるのが特徴です。

ツル性なので、フェンスやアーチ、トレリスや外壁などに絡ませながら育てるのがオススメ。落葉性と常緑性があるので好みに合わせて選びましょう。500~1000円(3号ポット苗)

スイートアリッサム

No image

Valeriy Lushchikov/istockphoto.com

カワイイ小花と甘い香りで楽しませてくれるのはスイートアリッサム。

秋から春にかけて咲く多年草ですが、夏の暑さが苦手なので一年草として育てるのが一般的です。

茎を横や下に伸ばす特性があるので、花壇や寄せ植えの前列やサイドに植えるとこぼれるように花を咲かせてくれます。

アプローチや樹木の株元などに植えてグランドカバーとして楽しむのもオススメです。※参考価格:200~500円(3号ポット苗)

キュートな小花を愛でたい「ノースポール&ギョリュウバイ」

ノースポール

No image

y-studio/istockphphoto.com

ナチュラルな風合いの愛らしい花を咲かせるノースポール。冬から初夏にかけて開花する一年草で、マーガレットのような2~3センチほどの小花を咲かせます。

真っ白ではないものの、黄色の花芯と白い花びらの優しいコントラストが魅力。ホワイトガーデンだけでなく、ナチュラルガーデンにも選ばれることが多い植物です。※参考価格:100~200円前後(3号ポット苗)

ギョリュウバイ

No image

PatrikStedrak/istockphoto.com

細い枝に梅のような小花をビッシリと咲かせるギョリュウバイ(御柳梅)。

別名・レプトスペルマムとも呼ばれ、晩秋から翌春にかけて開花する常緑の低木樹です。最大樹高は3メートルほどですが、剪定しながら育てるとコンパクトな樹形を保つことが可能。

洋にも和にも合わせやすく、また鉢植えでも育てることもできる樹木です。※参考価格:3000~5000円(5号鉢)

まとめにかえて

白い花は、和にも洋にもマッチする使いやすさが魅力。葉の色や草丈で変化をつけると、単調にならずオシャレな雰囲気にまとまりますよ。

本記事で紹介した植物以外にも冬に白い花を咲かせる植物はたくさんありますので、ぜひ園芸店に足を運び、お気に入りの植物を見つけてくださいね。

LIMO編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加