カッコいい!『東京リベンジャーズ』三ツ谷を眞栄田郷敦が好演

カッコいい!『東京リベンジャーズ』三ツ谷を眞栄田郷敦が好演

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/07/21
No image

眞栄田郷敦、カッコいい~っ - (C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

公開中の映画『東京リベンジャーズ』で、眞栄田郷敦が関東最凶の組織「東京卍曾(トーマン)」の弐番隊隊長・三ツ谷隆を好演している。

原作は、アニメ化もされた、和久井健の大人気コミック「東京卍リベンジャーズ」。どん底の生活を送る花垣武道/タケミチ(北村匠海)が、不良だった高校時代にタイムリープして、過去への“リベンジ”に挑んでいく。

眞栄田が演じる三ツ谷は、一見クールに見えるが、トーマンを支える頼もしい存在。特徴的な銀髪のビジュアルや佇まいを再現した眞栄田について、SNS上には、「三ツ谷がかっこよすぎた」「三ツ谷の再現度高すぎ」「イメージピッタリ」といった絶賛の声が多数見受けられた。

眞栄田は、キャスト発表時に「人気があってとことん面白い原作ゆえにプレッシャーは大きいですが、個人的に大好きな三ツ谷を演じられることにすごく興奮してます」とコメントを寄せており、「漫画の魅力と実写の魅力のバランスをしっかり取りつつ、三ツ谷の性格はもちろん、髪型や服装、佇まいなどの見た目の説得力も大事にして演じていきたいです」語っていた。

No image

三ツ谷役の眞栄田郷敦 - (C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

現在放送中のドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)では、なんでもできる兄にコンプレックスを抱き、性格も素行も極めて悪いお金持ちの高校生・片岡壱成役を務める眞栄田。性悪な役柄という新境地に挑み、仲間を大切にする三ツ谷とはまったく別の顔を見せている。

話題作への出演が続く眞栄田は、米ロサンゼルス出身の2000年1月生まれ。映画『小さな恋のうた』(2019)で俳優デビューし、『午前0時、キスしに来てよ』(2019)、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(2019)、「私の家政夫ナギサさん」(2020)、「レンアイ漫画家」(2021)といった作品に出演し、着実にキャリアを積み上げている。(編集部・梅山富美子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加