【Krush】鈴木勇人vs.トファネリ、大月晴明vs.東本央貴、女子6選手も計量パス

【Krush】鈴木勇人vs.トファネリ、大月晴明vs.東本央貴、女子6選手も計量パス

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2022/11/28
No image

2022年11月26日(土)東京・後楽園ホール『Krush.143』の前日計量が、25日(金)都内にて13:00より行われた。

No image

1名が200グラムオーバーしたが、他の選手は1度目の計量でパス。オーバーした選手も短時間で落とせそうとのことで全試合が無事行われる見込みだ。

No image

今大会ではメインイベントでKrushスーパー・バンタム級タイトルマッチが行われる予定だったが、王者・璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)が負傷のため欠場。中止となっている。

No image

そのためセミファイナルの鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)vs.ヴィトー・トファネリ(ブラジル/ブラジリアンタイ/闘英館)がメインに繰り上がり、大月晴明(NEXT LEVEL渋谷)vs.東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がセミファイナルとなった。

また、今大会では女子マッチが3試合組まれ、いずれも計量をパスしている。

<計量結果>

▼メインイベント(第10試合)Krushスーパー・ライト級 3分3R延長1R
鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス/第7代Krushスーパー・ライト級王者)=64.8kg
ヴィトー・トファネリ(ブラジル/ブラジリアンタイ/闘英館/FIGHT DRAGON -70kg王者)=65.0kg

▼セミファイナル(第9試合)-64kg契約 3分3R延長1R
大月晴明(NEXT LEVEL渋谷/第3代Krushスーパー・フェザー級王者、ISKAムエタイ・インター コンチネンタル・スーパーライト級王者、WPKC世界ムエタイ・ライト級王者、元全日本ライト級王者)=63.85kg
東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)=63.9kg

No image

▼第8試合 エキシビションマッチ 2分2R
大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
永坂吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

▼第7試合 Krush女子アトム級 3分3R延長1R
優(NEXT LEVEL渋谷)=44.95kg
松谷 綺(ALONZA ABLAZE)=44.6kg

No image

▼第6試合 Krush女子ミニマム級 3分3R延長1R
MOE(若獅子会館)=47.5kg
ケイト・ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)=47.85kg

No image

▼第5試合 -75kg契約 3分3R延長1R
ブハリ亜輝留(WSRフェアテックス幕張)=74.9kg
ジュリオ・セザール・モリ/ブラジリアンタイ/team Mori/FIGHT DRAGON 80kg王者、S-BATLLEヘビー級王者)=74.25kg

No image
No image

▼第4試合 Krushスーパー・ライト級 3分3R延長1R
塚本拓真(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)=64.9kg
松岡翔大(ISHITSUNA MMA)=64.95kg

No image

▼第3試合 Krushスーパー・フェザー級 3分3R延長1R
斎藤祐斗(JK TRIBE)=59.9kg
松本涼雅(team ALL-WIN)59.95kg

No image

▼第2試合 Krushスーパー・フェザー級 3分3R延長1R
松山勇汰(TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO/K-1甲子園2020 -60kg王者)=59.9kg
SOUL(IMPACT)=60.2kg→再計量

No image

▼第1試合 Krushスーパー・フェザー級 3分3R延長1R
目黒翔大(優弥道場)=59.9kg
松本和樹(T-GYM)=59.75kg

No image

▼プレリミナリーファイト第2試合 Krushフライ級 3分3R
麗斗(K-1ジム総本部チームペガサス)=49.3kg
長野 翔(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)=50.9kg

No image

▼プレリミナリーファイト第1試合 女子-46kg契約 2分3R
豊嶋里美(TEAM OJ)=45.8kg
Kiho(TeamK.O.Garage)=45.8kg

No image

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加